2005/09/02

黒帯のしお

似という町は立派なラーメン激戦エリア。
「山桜桃」「弟子屈」などの人気店でも知られている場所ですが
一昨年のオープン以来、ネットなどでも評判を呼んでいて
非常に興味を持っていたのが「らぁめん道場黒帯」というお店です。

kuroobi2場所は札幌市北区新琴似6条。
カーナビに住所を入れて辿り着いたら「庭田」という
ラーメン店に連れて行かれてしまいました(^^;
おやおや、と思ってあたりを調べてみると
同じビルにこの「黒帯」も入っているのですね。
表通り沿いに「庭田」、脇の通り沿いに「黒帯」です。
青い大きな垂れ幕に店名が掲げられていて
脇の通りに入れれば絶対に見落としません。
駐車場も道を挟んだ斜向かいに完備しています。

ラーメン店というよりも日本蕎麦屋のような雰囲気の店内には
墨で書かれたお品書きと共に食材表が張られています。
有機丸大豆醤油、道産大豆無添加味噌、内モンゴル天然岩塩
大分県原木椎茸、道産軟白葱、長崎平戸産無添加煮干…
これでもかというくらいこだわりの食材が並びます。
和食の料理店を営んでいた方が開いたお店とのことで
繊細なラーメンが出てくるのではと、期待も高まります。

メニューは「しお」「みそ」「しょうゆ」の他に
平日1日10杯限定の「ぢどりしお」もあります。
残念ながら限定は終売になっていましたので
連れもいたので「しお」と「しょうゆ」を頼んでみました。

kuroobi1出てきたラーメンは期待を裏切らない
上品でお洒落なビジュアルをしていました。
手作り感ある小洒落た器の中にラーメンが入り
小鉢には厚焼き玉子や海苔巻き、漬物が入っています。
和食は器を含めビジュアルに命を懸ける部分がありますが
その「和食魂」がビシビシと感じられるビジュアルです。
もうこの時点でかなり期待値は上がってきます。
やはり食べ物は見た目って重要なんですよねぇ。

スープは白濁した豚骨&鶏といった動物系に
煮干しや昆布などの魚介系旨味が加わっています。
動物系の甘い香りと魚介系のダシの香りに加え
スープに浮かべられた大量の焦がし葱が香ってきます。
さらにそこに燻製されたチャーシューの燻した香り。
とにかく食べる前から香りが次々と攻めてくるのです。

ラーメンに精通されている食べ手の方だと
焦がし葱に燻製チャーシューの香り、
なんて聞くと興ざめしてしまうかも知れません。
しかし、この複数の旨味と香りの要素を
実に上手にまとめ上げているのは立派です。
そして塩味も丸く出ていてバランスが非常にいい。
突出しているモノが一つとしてないにも関わらず
物足りなさを感じさせないのは技術なのでしょう。
醤油も同じくまろやかな味わいになっていて
しつこさは感じず、物足りなさも感じず。
非常に上品でかつ繊細で、深いスープです。

また焦がし葱や揚げ葱というモノは、基本的に否定派なのですが
このスープにおける焦がし葱は、ちゃぶ屋の揚げエシャロット同様に
私的には必須というか、ピッタリといった感じです。
またチャーシューの燻した香りも、このスープに合っています。
麺はさがみ屋の中太縮れ麺で、茹で加減は固めです。
特筆すべき麺ではありませんが、スープをよく拾ってきます。

この味わい、このバランス、このベクトルは
非常に「東京的」な一杯といえます。
新しいというか、今流行のというか。
札幌に今まで無かった、というのも分かります。
琴似で出逢ったラーメンは、しみじみと美味しく
かつ新しい味わいの一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/01

爐のスペシャル

幌に行く機会が年に数回あります。
そうすると用事がある時以外のフリーな時間帯は
やはりラーメン食べ歩きになるわけで(^^;
千葉以外の地域で一番食べているのは
なんだかんだで札幌かも知れません。

今回も8月31日〜9月2日のスケジュールで
まだ蒸し暑さが残る札幌に行ってきました。
この時期で暑いのは札幌にしては珍しいようで
夜は扇風機のお世話になっている、と現地の方が皆
うんざりしたような顔つきで話されてました。
札幌の一般家庭にはまずクーラーはありませんし
扇風機も夜は滅多に使うことはないそうで。
それほど涼しい気候の札幌でも、今年のこの時期は
未だに暑いんです。やっぱり異常気象なのかしら。

今回はいくつか打ち合わせも入っていたので
ガンガン食べ歩きが出来たかといえばそうでもありません。
一応今回食べた店3日で11軒しか回れませんでした。
11軒も行けば十分か(^^;

【31日】
博多ラーメンばりきや札幌駅店「香りとんこつ醤油」
ラーメン信月「塩ラーメン」
【1日】
あじさい(札幌ら〜めん共和国)「函館塩ラーメン」
とら屋食堂(札幌ら〜めん共和国)「3代目醤油ラーメン」
河むら(札幌ら〜めん共和国)「正油ラーメン」
爐「スペシャルらーめん」
欅「ニンニクらーめん」
【2日】
狼スープ「味噌卵ラーメン」
らぁめん道場黒帯「しおらぁめん」
純連「醤油ラーメン」
すみれ「昔風ラーメン」

irori2今回食べた11軒の中で
一番古いお店は「爐」かも知れません。
以前は北大近くに店を構えていて
北大生に人気があったそうで
昭和26年創業といいますから
かれこれ50年以上の歴史を誇ります。
この店の自慢というか、名物ラーメンは
ご存じ「スペシャルらーめん」です。
他のラーメンが700円という価格の中で
このラーメンだけは1000円という価格。

irori1スープはイカスミかと思わせる色。
これは無精製ラードを強火で焼いて
焦がした時に出る色なのだとか。
熊本ラーメンのマー油などで黒い油は見かけますが
ここまで真っ黒な色のラーメンはなかなかありません。
この黒い油の層の下にスープが隠れています。
味のベースは白濁スープに醤油味なのですが
このラードでイカやツブ貝などを炒めてあるので
スープに魚介類のうま味が溢れています。
このスープの味わいは非常にオリジナリティがあって
それでいてしみじみと旨いんです。
ラードを焦がしたといってもクセはあまり感じませんし
とにかく香りがよくて、ついつい後を引いてしまう。
麺は西山ですが、スープと麺もピッタリ合っています。
スープをたっぷり飲めるように、というわけではないのでしょうが
レンゲではなく大きな金属製のスプーンが付いてきます。

戦後間もなく生まれた店の名物ラーメンは
今もそのレシピと味を変えることなく
札幌の人達に愛されています。
お店の方たちのアットホームな接客も嬉しいです。
駅からも歩いてすぐですし、札幌に行かれた際には
ぜひ体験して欲しいお店です。

【ぐるなび】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/23

福州世祖の胡椒餅

湾の屋台で人気のファストフードといえば
「胡椒餅」が挙げられると思います。
とはいえ、私これまで胡椒餅を食べたことがありませんでした。
地元の方が「絶対に食べろ!」と強くプッシュしていたこともあり
今回の訪台で初挑戦してみようという気になりました。
何せ新しい発見、体験がテーマの旅ですから(笑)

調べたところ「饒河街夜市(ラオハージェイエスー)」にある
福州世祖という屋台が一番人気の「胡椒餅屋」のようです。
ksm1支店(っていうのか?)もいくつかあるようで
私は台北駅前にあるお店に行ってみました。
中途半端な時間だったのですが、これがまた行列なんだ。
辺り一面香ばしい香りが漂っています。
並んでいる人を見ると観光客もいますが
地元の方も多いようです。
ふむふむ、これは期待が出来そうではないですか。

ksm2並んでいる間に作っているプロセスを拝見。
石釜のようなモノの内側(壁面)に「胡椒餅」を張り付け
ある程度張り付けたら蓋をして蒸しています。
そして金属製のヘラのようなモノを使って
壁面からはがして小袋に入れて出来上がり。
1つ40元(約140円)です。
日本人からすれば相変わらず安い屋台価格。
しかし魯肉飯は1杯20元くらいですから
現地では割と高めの設定なのかも知れませんね。

まず思った以上に固い。
フランスパンに匹敵するような固さです。
しかも熱々、熱すぎるほど。
それはそうですよね、今さっきまで釜の内側に
へばりついていたヤツなんですから。
持っているのもやっと、紙の小袋なんて役に立ちません。

ksm3その熱い表面をなんとか食いちぎると
あり得ないほどの蒸気が中から出てきて
中に肉餡と肉汁、油分がたっぷり詰まっています。
喩えていうならば肉饅の饅頭部分がカチカチしてるヤツ。
小籠包ならえいやっと一口でいけましたが
この胡椒餅はそういうわけにはいきません。
ハフハフ、アヂヂ、ンマンマ、アヂッ!
ということを繰り返しながら食べていきます。

中の餡の味付け自体もさることながら
この周りのカチカチアツアツも胡椒の味が効いていて
かなりスパイシーな味わいになっています。
熱いだけでなく、辛さの意味でもホットなので
ドリンク必須の食べ物かも知れません。
最初は胡椒の味だけが立ってしまっていて
単調に感じたのですが、肉汁や油分が混ざってくると
これがまた癖になる旨さなんですね。
ぜひ台湾の街角で見かけたらトライしてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/06/22

鼎泰豊の小籠包

泰豊で朝ご飯。
これが私の台湾でのスタイルです。
あまりにもベタなコースではありますが
やはり「鼎泰豊」を外すわけにはいきません。

dtf2鼎泰豊は台湾に行かれたことがない方でも
一度は耳にしたことのある店名ではないかと思います。
新宿や横浜の高島屋や、カレッタ汐留など
日本国内だけでも数軒の支店を展開しています。
かつてNew York Times誌上で「世界10大レストラン」の一つに
数えられたこともある名店です。

市内に2軒ありますが、私は本店にいつも行きます。
この店を狙うのは、ズバリ、オープン時間に限ります。
日中、特にお昼時や夕食時ともなれば
店の外にまで人が溢れてしまうほどの人気です。
しかしオープン時にはたいていガラガラです。

dtf1ここを世界10大レストランにしたともいえる
超人気メニューが「小籠包」です。
この店の小籠包を食べたいがために
人は集まり並び、私は早起きをするのです。
包みたての小籠包を蒸籠で蒸してすぐ提供します。
作りたてにとことんこだわって生まれた
スープと肉、皮の絶妙なバランスは
他の店では味わえないモノです。

出来立てを提供してくれるわけですから
食べる側も火傷覚悟で食べなければいけません。
しかもスープをこぼさぬように一口で一気に。
熱々のスープが口中に広がりますが我慢我慢。
火傷してでも味わいたい美味しさがあります。

この味が忘れられなくて、日本の支店にも行きます。
しかし、数が4個も少なくて値段が高い(^^;
仕方ないことではありますが、やはり台湾で食べてこその
鼎泰豊という気がします。

dtf3他にも点心類や、麺類なども豊富に揃っています。
たいてい台湾に行くとラーメン好きの方は
「麺」に幻滅してしまうことが多いのですが
このお店の麺はしっかりとした麺で、馴染みやすいです。
「紅焼牛肉麺」などは、日本人にも食べやすいでしょう。
どれも屋台ほどの価格ではないにしろ、
日本の相場から較べれば低価格です。

旅先でガイドブックなどに載っている店で
美味しいお店にはなかなか当たらないモノですが
鼎泰豊の小籠包は必食の味、と言えるでしょう。
一度台湾に行ってこの店の味を体験してみてください。
きっと2度目の台湾でも、私と同じように
早起きしてお店に向かって、朝ご飯を食べているはずです。

【鼎泰豊HP(日本語)】

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005/06/21

三媽臭臭鍋の大腸臭臭鍋

湾に行って来ました。
台湾に何度となく食材の買い付けに出かけている
某ラーメン屋さんがまた買い付けに行くというので
現地に精通している人と一緒に行く旅は
新たな発見や体験があって面白いのではないかと思い
ご一緒させていただいたわけです。

台湾は屋台料理から本格的な中華までが
非常に安い価格で楽しめて、食べ歩きが楽しい街です。
以前から行く度に「大勢で来たらもっと楽しいだろうなぁ」と
思っていたのは確かですが
まさか20名近くの大所帯で行くことになろうとは(^^;

初日の夜は台湾名物の「夜市(イエスー)」に出かけました。
台湾が初めての方も多かったので、一番人が出ている士林(スーリン)の夜市へ。
数年来ないうちに、以前の夜市とは場所が変わっていて
随分と綺麗なところに引っ越していました。
私はこの夜市に来た時は「担仔麺」や「魯肉飯」などを
食べ較べたりするのが定番になっていますが
同じくらい楽しいのが隣接する大東路の屋台街。
ここは東京でいえばアメ横のような雰囲気で
夜市よりも現地の方が多く集まっているような場所です。
台湾マスターが向かった先も正に大東路の屋台街。
そして一軒の店の前で立ち止まりました。

「三媽臭臭鍋」

ksks1このお店は市内にも数軒あるお店で
以前から知ってはいましたが避けていました。
だって「臭臭鍋」ですよ。
「臭鍋」でもどうかと思うのに「臭臭鍋」って。
台湾だの香港が好きで行くわりには
アジア的な臭いの食べ物があまり得意ではないのです。
しかしこれこそ今回の旅のテーマでもある
「新しい発見」「新しい体験」の店。
総勢10数名で店へ入ることにしました。

ksks3店先では若いお兄ちゃんが
ラーメンの丼くらいの直径を持った
金属製の鍋の中に食材を入れて
「何か」を作っています。
いや、何かってこれこそが臭臭鍋なんですけども(^^;
鰻屋や焼鳥屋が蒲焼きの匂いで客を呼ぶように
臭臭鍋屋も臭臭鍋の臭いで客をノックアウト、もとい
客を呼んでいる、というところなのでしょうか。

店内は日本語が一切通じませんが
メニューには日本語が併記されています。
そのメニューの一番上にはこうありました。

大腸臭臭鍋(大腸の臭い鍋)
日本語併記の意味ナシ(^^;

鍋は全部で4種類、この大腸の臭い鍋の他にも
キムチ鍋や海鮮鍋などもありました。
価格はどれも90元(NT$)。
1元=3.5円くらいのレートですので
約315円といったところです。
これはなかなか安いではありませんか。

卓上にはよく日本旅館なんかで出てくる
鍋を置く五徳みたいなのがありますよね。
あれが置いてあるのですが、固形燃料はありません。
お兄ちゃんがペットボトルに入った燃料を
固形燃料が入る穴にドボドボと入れていきます。
その上に店先で作って、火の通った鍋を置くわけです。
なかなかワイルドじゃありませんか。

ksks2そして出てきた問題の臭臭鍋。
腸が臭いのかと思いきや、どうやら違うようです。
臭いの元は「臭豆腐(チョウトウフー)」。
これは豆腐を発酵させた発酵食品なのですが
だいたい屋台では揚げてあったり、煮てあったりします。
これがゴロゴロと入っているわけですね。
う〜ん、臭臭。

しかし臭豆腐、大腸以外にも肉や野菜、魚、茸類に至るまで
鍋に入るべきモノはほとんど入っています。
いわば鍋のオールスターキャスト揃い踏み。
それでいて90元という価格は激安です。

勇気を振り絞って食べてみましたが
思ったよりは臭臭ではありません。
薬味も数種類置いてあって、鍋から具材を取って
その薬味、タレにつけて食べます。
そうすると余計臭臭感は薄れて食べやすくなります。

しかし私的には食べにくいモノを食べやすくしてまで
食べようとは思わない性格ですので
なかなか厳しいメニューでした。
むしろキムチ鍋や海鮮鍋の方が美味しくいただけましたが
しかしそれでは台湾に来て食べる意味もないように思います。
だからやはり今回食べてよかったと思っています。
何事も経験。喰わず嫌いではなく、喰った結果嫌いです(^^;

「郷に入ったら郷に従え」
台湾に行って現地の食事を食べ歩くのだとすれば
やはり一度は通らねばならぬ道なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)