« まおちゃん | トップページ | 2月の総括 »

2006/02/27

やま田のドラゴンラーメン

dragonk戦区の末広街道沿いに
新しいラーメン店がオープンしていました。
黄色いテント屋根に「らあ麺やま田」の文字。
そしてそこには「ドラゴンラーメン本舗」とも。
なかなかインパクトのあるネーミングと看板。
期待感いっぱいでお店に入ってみました。

L字型のカウンターとテーブル席がある店内。
壁に貼られたメニューを見てみると
店名同様に「ドラゴンラーメン」が看板メニューのようです。
並が600円で中と大がそれぞれ100円増しで、
他のメニューを見てもすべて3サイズあるようです。
何がドラゴンなのかの説明はないのですが
「旨唐ゴマ醤油」との文字は書かれています。
「旨辛」ではなく「旨唐」なのは、
おそらく「唐辛子」とかけているのでしょう。

厨房に目をやると、中華鍋にモヤシなどの野菜を入れ
器用にその鍋を威勢良く振っています。
そこにスープを入れてモヤシと一緒に焼いている
いわゆるオーソドックスな札幌ラーメンの作り方です。
この中華鍋を振る音というのは、食欲がそそられる音の
最上位にくるのではないかと個人的には思います。

dragonそして出てきたラーメン。
スープの色は確かにゴマ醤油といった感じ。
鶏ガラゲンコツベースの軽めのスープに
練りゴマと辣油をちょろっと混ぜたような
あっさりしつつもしっかりした旨味を持っています。
中華鍋で熱が入ったスープは熱々で
ゴマのざらつき感と風味が香ばしく、
適度な辛さもあって、確かに旨唐といったバランス。

麺は平打ちの中太麺でモチモチした食感の麺。
具はチャーシュー2、半熟味玉半個、白髪ネギ、コーン、海苔、
そして炒められたモヤシやニラなど野菜が乗ります。
このコーンが乗ってくるあたりも札幌ラーメン的ですね。
また白髪ネギの上には輪切りの唐辛子が振ってあって
時々麺やスープと一緒に口の中に入ってくるので
適度な辛さを直接味わうことが出来ます。

担担麺とも違うゴマベースの辛いラーメン。
ドラゴンラーメンという名前から想像する
激辛ラーメンではありませんが
あまり他ではお目にかかれない
オリジナルな一杯に出会うことが出来ます。

【らあ麺やま田@本千葉レポ】

|

« まおちゃん | トップページ | 2月の総括 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やま田のドラゴンラーメン:

« まおちゃん | トップページ | 2月の総括 »