« 諸々 | トップページ | 千葉拉麺忘年会2005 »

2005/11/02

ラーメン道の塩

我のハーバーシティにあるアリオモール。
イトーヨーカドーが核テナントになったSCですが
その中に様々な食べ物屋さんが集まるフードコートがあります。
ラーメンを出す店としてはちゃぶ屋の新業態「ちゃぶとん」と
ヨーカドー直営の「ポッポ」の2軒がありますが
「ネオポンテ」なるお店に11月よりラーメン店が入りました。

この「ネオポンテ」というのは2台の車を店舗風に見立てた
(シトロエンのHトラックとワーゲンバス)屋台感覚の店ですが、
面白いのは決まったメニューがあるわけでもなければ
いわゆるラーメン専門店ということでもなくて
期間限定で次々と全国の話題店や人気店が入れ替わり
入ってくるブーススタイルの店舗だということ。

これまでもシシカバブだったか、エスニックなモノを売っていましたし、
今は「帯広ぶた丼」なんてものもあったりするのですが、
その「ネオポンテ」のシトロエンブースに、11月限定という形で
初のラーメン店舗になる「ラーメン道 due Italian」が入りました。
一応11月1ヶ月のみの限定ということになっていますが、
12月いっぱいまで延長する予定だそうです(^^;

「ラーメン道」というのはかつてTBS系で放送していた
TOKIOが出演する「ガチンコ!」という番組の中の
1コーナー「ガチンコ!ラーメン道」に出演した人たちが
店舗を持つ時に屋号として使っているようです。
パートいくつまであったのかは知りませんけれど
最初のシリーズだけは見た記憶があります。
(余談ですが、ガチンコ!はボクシングの方が印象に残っています)

こちらのご主人の石塚さんは、イタリアンの方だそうで
パート3に出演したということで、存じ上げませんでしたが
店頭に張られている写真と同じ顔の人が厨房の中にいました。
おそらくオープン時なので陣頭指揮に立たれているのでしょう。
スタッフの方たちに色々と指示をされていました。

ramendo基本メニューの「名古屋コーチン塩らぁー麺」に
「名古屋コーチン煮玉子」をトッピングしました。
今回のラーメンは千葉に出店するにあたってアレンジした
千葉ネオポンテ・オリジナルのラーメンなのだそうです。
ラーメンのスープの色と透明感がたまりません。
スープの上に張られた鶏油が非常に綺麗です。
そしてその下に透明ながらもうま味を蓄えていると
容易に想像がつくような色味を持ったスープ。
まさに「黄金色のスープ」と表現すべき色をしています。

さらりとした口当たりをイメージして啜ると
意外にも粘度や重さを持っているスープに驚きます。
そして濃厚なコクとうま味を持ったスープが
口の中へと入り、一気にうま味が広がります。
4種類の自然塩をブレンドしたという塩スープは
鶏のうま味とマッチしていて口当たりも優しく丸いです。
麺も素性のいいクセのない食感を持った麺で
スープとよく合っていると感じました。

具はバラロールチャーシューに太めのメンマ、青菜とシンプル。
チャーシューは宮城産ゴールデンポークを使用したもので、
普通に美味しいバラロールチャーシューでした。
味玉も黄身が濃い色をしていて、普通に美味しい。
(ただ、この卵は名古屋コーチンという名前ですが
別のブランドの卵を使っているようでした)
中央に盛られている細かく刻んだタマネギと、
千葉ならではの素材である落花生の新豆を加えたあたりが、
千葉を意識したオリジナルな部分なのだと思います。

全体的にバランスの良い、レベルの高い塩ラーメンだと思います。
ただよくも悪くも「支那そばや」的な一杯になっていたので、
「ラーメン道 due Italian」という店名にもあるような
「イタリアン」とテイストに関しては皆無だったのが
残念といえば残念と言えるかも知れません。
本店の方では「イタリアそば」などのメニューもあると聞くだけに
イタリアンならではの味わいも揃えて欲しかったですね。

しかし、少なくともフードコートのラーメンではない
美味しさを持ったラーメンであることは間違いありません。
これはぜひ期間限定と言わず、常設店でやって欲しいところ。
12月末まで、年内いっぱい楽しめるそうです。

【ネオポンテ@蘇我レポ】
【ネオポンテHP】

|

« 諸々 | トップページ | 千葉拉麺忘年会2005 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン道の塩:

« 諸々 | トップページ | 千葉拉麺忘年会2005 »