« 我聞の「渾身の一杯」 | トップページ | 地球軒のラーメン »

2005/10/01

チンタンタンで冷やしタンタン

浜幕張のベイタウンは
日々進化し続ける新しい街です。
よくテレビのロケなどにも使われるお洒落な街並みは
最近人気のようでお客さんも多く集まります。
この街の中心部パティオス1番街〜6番街は
栄えある第1期分譲のエリアです。
我が山路家も町開きからこの街の住人だったりします。

当然色々な飲食も立ち並んでおりますが
いわゆるラーメン専門店はありません。
その替わり、というか中華料理店があります。
「TiNG TANG TANG」と書いて「チンタンタン」と読みます。
ここもパティオス3番街、うちと目と鼻の先の立地です。
うちから一番近い飲食店かも知れませんね。

ここは以前は優しい雰囲気のご主人が、
ハンバーグなどをオープンカウンターで
目の前の鉄板の上で焼いてくれるお店でした。
それはそれで非常に好きなお店だったのですが
回転効率が悪かったのでしょうか、
数年前になぜか中華屋にリニューアルしました。

その狙いはズバリ的中したようで
リニューアルしてからの方がお客さんの反応がいいようです。
お昼や夜の食事時には家族連れなどが多く、
近隣のパスタ店同様に、外待ちが出来ることもしばしばです。
また最近は新浦安の明海大学近くの
これまたお洒落な街並みに支店を出しました。

このお店の自慢はその名にもあるように
「タンタン麺」が自慢だったりします。
チンタンタンでタンタンメン。
しかしこの日は夏メニューなのでしょうか
「冷し担々麺」があったので注文してみました。
チンタンタンで冷やしタンタンメン、って感じです。
1,000円でランチセットが楽しめるこの店のメニューで
一杯1,200円とこれまた強気のお値段です。

ttt真っ赤な色をしたスープは油が浮いていますが
しつこさは感じずにさらっとした味わいです。
唐辛子、辣油の味と胡麻の風味が効いていて
程良い辛さでとても美味しく飲めます。
また挽肉、刻み海苔と共に生うにが乗っていて、
ちょっと海の香りも感じられる味わいになっています。
この生うにが程良い甘さを辛いスープに加えて、
単調になりがちな辛いスープに旨味の層を加えています。

生うにが乗っているから仕方ないのかも知れませんが
出来れば1,000円を切る価格帯で出して欲しかった。
通常の基本のタンタンメンは確か700円とかだったはず。
もうちょっと値段を頑張って欲しかったです。

このお店は昼のみならず夜もまたいいです。
1フロアを上手く上下2フロアに分けた
面白い雰囲気の店内で楽しむ本格中華。
量も多めでそれでいて価格が安く楽しめる。
お薦めのカジュアル中華屋さんといったお店です。
友人と、家族と、TPOに応じて使えるお店です。

【TiNG TANG TANG@海浜幕張レポ】
【チャイナ厨房TiNG TANG TANG HP】

|

« 我聞の「渾身の一杯」 | トップページ | 地球軒のラーメン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チンタンタンで冷やしタンタン:

« 我聞の「渾身の一杯」 | トップページ | 地球軒のラーメン »