« 馬場本店の最上白味醂 | トップページ | 柳屋の黒ラーメン »

2005/09/27

YO!

13湯麺の新業態店
「13湯麺YO!」がこの日オープンしました。
場所は北習志野のスーパー、西友の地下。
北習志野には西友が2軒あるのですが、
新京成線沿いを高根木戸方面へ下ったところにある
いわゆる「新西友」と呼ばれる方の西友です。
ここの地下の一角にマクドナルドがあり、
その隣りの空き店舗(元たこ焼き屋)に入りました。
マクドナルドと客席は共有する、いわゆるフードコートスタイル。
食券を買って、カウンターでラーメンを受け取るシステムです。

店名の「YO!」というのはいわゆる「ヨォ!」のことです。
オーナー、店主松井さんの言葉を借りるならば
「YO ! というのは、ラップなどで使われていて、
日本語にするとイエーイ!という感じ。
13湯麺、ノリがいいぜ!という意味です」なんだそう(^^;
最初にこの店名を聞いた時に変な名前だなぁと思いました。
「13湯麺北習志野」などなら収まりがいいのに、と。

しかし、よくよく考えてみれば…。

そもそも「13湯麺」って名前自体が変(^^;

慣れって怖い(爆)。

13y2この新しい店を任されたのは
今年惜しまれつつ閉店した「13湯麺HIDE」の長島さん。
また寺子屋卒業生の後藤さんもサポートします。
HIDE閉店後は亀有の「マルカとんみん」を任され
再び千葉県でラーメンを作ることになったわけです。
しかもメニューはHIDE時代のモノを再現。
「醤油湯麺」「黒味噌湯麺」「つけ麺」もあります。
これは実質上のHIDE復活と言ってもいいでしょう。

食券機に目をやると、メニューのところに
それぞれ細麺と太麺が書かれています。
湯麺のオリジン、しなやかな細麺に
もっちりとして存在感がある太麺。
ほとんどのメニューでこの2種類の麺を選べるのです。
基本の「醤油湯麺」を細麺でいただいてみました。

13y1喉ごしのいい絹のような食感の自家製麺は相変わらず。
スープは湯麺自慢の丸鶏スープに魚介ダシが加わって
湯麺以上に旨味の層を持ったスープになっています。
具はチャーシュー、青菜、牛スジ煮込みが乗っています。
牛スジ煮込みはマスター松井さんの大好物なのだそう。
「湯麺」は具が乗っていないラーメンで400円ですから、
これらが乗っていて500円はかなり安いと思います。

客席をみると、13湯麺や魂麺まついとは違った
買い物客や家族連れの客層が目立ちました。
またラーメンとハンバーガーを食べていたり
このスタイルならではの楽しみ方をしている方も多くいました。
北習志野は人気のラーメン店がいくつもありますが
それらとはまた一味違ったスタイルの店になっていて
北習志野の方たちにとってはますます幅の広い
ラーメンライフを楽しめるようになるのではないでしょうか。

【13湯麺YO!HP】
【13湯麺YO!@北習志野レポ】
【13湯麺HIDE@松戸(閉店)】

|

« 馬場本店の最上白味醂 | トップページ | 柳屋の黒ラーメン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YO!:

« 馬場本店の最上白味醂 | トップページ | 柳屋の黒ラーメン »