« ちばき屋の冷し支那そば | トップページ | 匠屋の梅塩 »

2005/09/04

rpの唐辛子麺

鎌ヶ谷のrp(ラープ)では
7/19より夏モードとして、つけ麺メニューが充実しています。
夏は忙しくてなかなか足を運べず
時間がようやく出来たのが9月でした(^^;
店長の大滝さんには申し訳ないことをしました。

6月あたりにやぶれかぶれの岡崎さんから伺った話では
つけ麺の専門店にしようかというお話でした。
夏だけつけ麺の専門になる、というのも面白い。
しかし最終的には通常のメニューも一部残して
つけ麺を充実させたメニューになりました。
通常のお客さんからすれば、その方がいいでしょうね。
確かに普段食べ慣れているメニューが
全くなくなってしまうのは不安かも。

rp_menuその充実のrpつけ麺オールスターズは
以下の通りになっています。
つけ麺
こく辛つけ麺
鶏香味つけ麺
カレーつけ麺
ざるつけ麺
枝豆とじゃがいもの冷製つけ麺

個人的に新作5つのつけダレに順位をつけるならば
こく辛>鶏香味>枝豆>カレー>ざる
といったところでしょうか。
こく辛と鶏香味は僅差なのですが、
こく辛の辛さと酸味、甘みのバランスはなかなかのモノ。
一方の鶏香味の方は無難なありがちな味、ということで。
枝豆じゃがいもは別の味というか雑味が感じられました。
大滝さんに伺ったところその雑味の正体は分かりましたが
素材の組み合わせって本当に難しいですよね。
もっと枝豆とじゃがいもの素材本来の味を
信頼してもよかったんじゃないかなぁ。

そして麺は太麺、ライス麺、唐辛子麺と3種類から選べ、
割るスープも豚骨や魚ダシ、鶏など4種から選べるのが
今回のメニューの面白いところではないかと思います。
その組み合わせとしては実に72通り。
夏の間毎日来ても食べ切れません(^^;
そこで数名でつけ麺を除く全てのつけダレと
3種の麺を一気に食べ比べてみました。
ズラズラっと並べてつけ麺バイキング状態(^^;

私的に一番気に入った組み合わせは
非常に保守的な結果になってしまいますが
「鶏香味つけ麺」(太麺)でしょうか。
大滝さんはライス麺との組み合わせを推していましたが
味わいが強く、油の多いつけダレなので
ライス麺では今ひとつ存在感が弱い。
太麺の方が全体的にまとまっているように思います。
ライス麺はむしろざるつけ麺か
逆に麺の存在感もくそもないカレーつけ麺の方が
合っているように感じました。

rp_togarashiしかし何よりも存在感があった麺が
唐辛子を練り込んだ平打ち麺。
ハバネロと韓国唐辛子が入っているとのことですが
この麺が想像していた以上にいいです。
こく辛つけ麺と合わせるというのも一興ですが
意外に合ったのが枝豆とじゃがいもの冷製つけ麺でした。

しかし、落ち着いて考えてみたら
この麺と勝負出来るつけダレは無かったかも(^^;
それほどまでに存在感のある麺でした。
大滝さんにはぜひまたこの麺を使った
新しいメニュー開発に挑戦して頂きたいですね。
いずれにしても、rpのつけ麺メニューは
今月10日までと残りわずかになってしまいましたが
未体験の方は一度足を運んでみてもいいかもです。

【関連記事】rpの夏野菜カリー麺
【rp@新鎌ヶ谷レポ】

|

« ちばき屋の冷し支那そば | トップページ | 匠屋の梅塩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: rpの唐辛子麺:

« ちばき屋の冷し支那そば | トップページ | 匠屋の梅塩 »