« 黒帯のしお | トップページ | rpの唐辛子麺 »

2005/09/03

ちばき屋の冷し支那そば

ばき屋は私の食べ歩き原点の店。
桂花で洗礼を受けて、以来豚骨一辺倒だった私が
最初にはまったあっさり味がこの店のラーメンでした。
ラーメンって豚骨だけじゃないんだな、ということを
感じることが出来たのは幸せだったと思います。
これ、美味しくなかったらそうは思わなかったと思うんですよね。
最初に食べたあっさり味がちばき屋でよかった。
もちろん味玉フェチになったのもこの店がきっかけです。
よく千葉から葛西まで車を飛ばした頃から考えたら
その店が船橋に出来たってことは奇蹟に近い。

あと、奇蹟というか偶然なのでしょうが
父に連れられて以来、私が小さい頃から
今でも通っている和食店で「ざくろ」という店があるのですが
(ここのスーパードレッシングがたまらないっ!)
確か千葉さんはその「ざくろ」出身の板前さんなんですよね。
小さい頃から慣れ親しんだお店出身の方が作ったラーメン。
それは美味しいと感じる可能性は高いですよね。
いずれにしても個人的に思い入れが深い店なんです、ここは。

chibakiyahiyashiさて、そのちばき屋の夏限定メニュー。
以前から葛西などでは出ていたかとは思いますが
恥ずかしながら未食だったメニューなんですね。
夏に行けずようやく9月になって食べられました。
「冷し支那そば」という名前のこのラーメンは
冷やし中華のような和えそばスタイルではなく、
冷たいスープが張ってある「冷やしラーメン」的な一杯。
これが予想以上に美味しく仕上がっていました。

山形発祥の冷やしラーメンは簡単そうでいて、
なかなか作ることが難しいラーメンです。
スープをただ冷やせばいい、ってもんじゃない。
動物系素材は冷やすと味も変わりますし
油分は凝固していき、スープの状態は変わります。
まぁ、よくよく考えてみれば(考えなくてもそうか)
冷めたラーメンのスープって美味しくないですもんね。
一応発祥の店と言われている山形の店にも
足を運んで食べたことがありますが
それほど感動しなかった記憶があります。
ふ〜ん、こんなもんかぁ、といったような。
なんか、どことなくぼやけるというか、物足りなく感じるんですよね。

しかしちばき屋の冷し支那そばは
旨味のバランスが非常にいいんですね。
たいてい冷やしラーメンは物足りなさが残るのですが
食べている途中、食べ終わった後で物足りなく感じない。
十分に旨味を感じさせるスープになっているのです。
普段のちばき屋の支那そばを食べた後に感じる印象に
近い印象をこの冷しでも感じることが出来ます。
もちろんその質は違うのですが、同じくらいの感動がある。
ただ、一つ気になるところがあるとすれば、その価格。
手間がかかっているのは分かるのですが、850円はちょっと高く感じます。
美味しいのだけれど、ちょっと高いかなぁと。

chibakiyasushiまた、サイドメニューで
「炙り焼豚すし」なるモノが始まっています。
これは業界関係者で推している人が結構いて
気になっていたメニューでした。
炭火で焙ったチャーシューを使った押し寿司で
刻んだメンマや錦糸玉子なども入った
和食職人ならでは、といった一品になっています。
ま、これも欲を言うならば、もう少しチャーシューは厚い方がいいかなぁ。
いづうの鯖姿寿司が好きな男としては(笑)。

【ちばき屋@船橋レポ】

|

« 黒帯のしお | トップページ | rpの唐辛子麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちばき屋の冷し支那そば:

» ちばき屋(船橋)冷し支那そば [音・麺・酒]
アップが遅くなりました〜昼に行徳から船橋へ。 そーいえば行徳の人気店『葫』の前を通ったら15人待ちっ(@_@;)相変わらず人気あるな〜 船橋でしばし散策。 駅ビル『SHAPO』のラーメン横丁に来てみたら『ちばき屋』に冷しメニューを発見! これは食べなくては!?早速注文です〜どーも他の2店に比べて空いてますね〜 やってきました冷し支那そば(^^♪今日みたいな蒸し暑い日にはいいですね〜 トッピングはチャーシュー、メンマ、かいわれ�... [続きを読む]

受信: 2005/09/11 11:09

« 黒帯のしお | トップページ | rpの唐辛子麺 »