« イレブンで朝ラーメン | トップページ | 黒帯のしお »

2005/09/01

爐のスペシャル

幌に行く機会が年に数回あります。
そうすると用事がある時以外のフリーな時間帯は
やはりラーメン食べ歩きになるわけで(^^;
千葉以外の地域で一番食べているのは
なんだかんだで札幌かも知れません。

今回も8月31日〜9月2日のスケジュールで
まだ蒸し暑さが残る札幌に行ってきました。
この時期で暑いのは札幌にしては珍しいようで
夜は扇風機のお世話になっている、と現地の方が皆
うんざりしたような顔つきで話されてました。
札幌の一般家庭にはまずクーラーはありませんし
扇風機も夜は滅多に使うことはないそうで。
それほど涼しい気候の札幌でも、今年のこの時期は
未だに暑いんです。やっぱり異常気象なのかしら。

今回はいくつか打ち合わせも入っていたので
ガンガン食べ歩きが出来たかといえばそうでもありません。
一応今回食べた店3日で11軒しか回れませんでした。
11軒も行けば十分か(^^;

【31日】
博多ラーメンばりきや札幌駅店「香りとんこつ醤油」
ラーメン信月「塩ラーメン」
【1日】
あじさい(札幌ら〜めん共和国)「函館塩ラーメン」
とら屋食堂(札幌ら〜めん共和国)「3代目醤油ラーメン」
河むら(札幌ら〜めん共和国)「正油ラーメン」
爐「スペシャルらーめん」
欅「ニンニクらーめん」
【2日】
狼スープ「味噌卵ラーメン」
らぁめん道場黒帯「しおらぁめん」
純連「醤油ラーメン」
すみれ「昔風ラーメン」

irori2今回食べた11軒の中で
一番古いお店は「爐」かも知れません。
以前は北大近くに店を構えていて
北大生に人気があったそうで
昭和26年創業といいますから
かれこれ50年以上の歴史を誇ります。
この店の自慢というか、名物ラーメンは
ご存じ「スペシャルらーめん」です。
他のラーメンが700円という価格の中で
このラーメンだけは1000円という価格。

irori1スープはイカスミかと思わせる色。
これは無精製ラードを強火で焼いて
焦がした時に出る色なのだとか。
熊本ラーメンのマー油などで黒い油は見かけますが
ここまで真っ黒な色のラーメンはなかなかありません。
この黒い油の層の下にスープが隠れています。
味のベースは白濁スープに醤油味なのですが
このラードでイカやツブ貝などを炒めてあるので
スープに魚介類のうま味が溢れています。
このスープの味わいは非常にオリジナリティがあって
それでいてしみじみと旨いんです。
ラードを焦がしたといってもクセはあまり感じませんし
とにかく香りがよくて、ついつい後を引いてしまう。
麺は西山ですが、スープと麺もピッタリ合っています。
スープをたっぷり飲めるように、というわけではないのでしょうが
レンゲではなく大きな金属製のスプーンが付いてきます。

戦後間もなく生まれた店の名物ラーメンは
今もそのレシピと味を変えることなく
札幌の人達に愛されています。
お店の方たちのアットホームな接客も嬉しいです。
駅からも歩いてすぐですし、札幌に行かれた際には
ぜひ体験して欲しいお店です。

【ぐるなび】

|

« イレブンで朝ラーメン | トップページ | 黒帯のしお »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爐のスペシャル:

« イレブンで朝ラーメン | トップページ | 黒帯のしお »