« YO! | トップページ | 竈の番人の味玉つけ麺 »

2005/09/28

柳屋の黒ラーメン

yngy八幡に新店がオープンしました。
「九州大牟田柳屋ラーメン」というお店です。
福岡に本店を構え全国に展開するチェーン店ですが
千葉県内は初めての出店との触れ込みでした。
しかし系列の「黒龍」という店が津田沼にありますので
実質上は2軒目ということになります。
「柳屋」という屋号では初めて、ということですね。
全国のラーメンコンプレックスに出店をしていますし
都内にも用賀をはじめ数軒オープンしていますので
千葉に来るのも当然といえば当然かも知れません。

開店日マニアというわけではないのですが
この日オープンということで行ってみると
いやもう満席な上に待ちも結構出ていて
初日から随分な人気振りです。
このお店のラーメンを食べたことはありませんが
福岡、九州系のラーメンならば回転も早いだろうと
店の外で行列に並びました。
予想通り程なくして店内に誘われました。

メニューの基本は白濁豚骨ベースの「白」ラーメンで、
そこにいわゆるマー油を浮かべたモノが「黒」になります。
柳屋で黒と聞くと、一瞬大崎広小路にある「きらら」の
「黒柳ラーメン」というメニューを想起しますが
「ゆっくりニンニクを煎って作ったニンニク油」と説明されていますので
イカスミを使った黒柳ラーメンとは違うメニューと言えそうです。

店内では赤いTシャツを着たスタッフたちが
素早く、キビキビと動いています。
厨房に坊主頭のお兄さんが数名と
フロアには女性が2名といった配置でしたが、
そのうちの一人の女性の動きが非常によかったです。
客への接客、対応はもちろんなのですが、
厨房へ通す指示や外の待ち客への配慮など、
いわゆる「プロの仕事」をしていらっしゃいました。
こういう人を見ていると非常に気持ちいいですね。
これから出てくるラーメンも期待出来るというものです。

yngy2さて、肝心のラーメンの出来映えはいかに。
まずマー油が白い豚骨スープに浮いて
見た目にもコントラストが綺麗です。
油分を多くたくわえた白濁豚骨スープは
温度もかなり熱々になっていて、
臭みもなく濃度があるスープです。
それでいて口当たりはまろやか。
ただ見た目以上に油分が強いバランスになっているので
このスープは好き嫌いが分かれるかも知れません。

麺は自家製の極細ストレート低加水麺を使用していて
注文時に茹で加減などは一切聞かれなかったのですが
九州系らしく硬めに茹で上げられていました。
麺を食べると歯にプツンとした食感が当たり、
それでいてある程度の弾力性も持っています。
量としてはこの系統にしては多めに感じました。

特別取り立てて旨い!と絶賛するわけではありませんが
ステレオタイプな白濁豚骨ラーメンで、十分及第点。
特にこの本八幡という場所ではニーズもあるでしょう。
敢えて注文をつけるならば「クラッシュニンニク」。
個人的には博多系ラーメンのスープには
クラッシュニンニクが合うと思っているので、
たとえマー油が浮いてようとも、別料金になろうとも
クラッシュニンニクが欲しいところです。

【柳屋@本八幡レポ】

|

« YO! | トップページ | 竈の番人の味玉つけ麺 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳屋の黒ラーメン:

» 九州 大牟田ラーメン 柳屋 [用賀スタイル]
店の場所を移動して、リニューアルした九州とんこつラーメンの柳屋。 幻の塩“ボリビ... [続きを読む]

受信: 2006/04/28 03:45

« YO! | トップページ | 竈の番人の味玉つけ麺 »