« とんかつやでとんこつ | トップページ | マルバの憂鬱 »

2005/09/16

光屋の全粒粉麺

士有木と書いて何と読むかご存じですか?
鉄道マニアの方なら一発だと思いますが
小湊鐵道の駅にもなっている地名です。
これで「あまありき」と読みます。
私のPCに入っているATOKは見事に一発変換しました、が、
たった今入力した「いっぱつへんかん」は
一発で変換出来ずに「一発返還」になりました…orz
頭がいいんだか、悪いんだか(呆)

さてと、話が逸れてしまいましたが海士有木です。
この海士有木に新店が出来ました。
海士有木の駅が最寄りということになりますが
あくまでも最寄りってだけで、駅から歩くのは大変です。
電車よりも自動車で行くことをお薦めします。
市原市街から国道297号線を南下して
海士有木の駅を越えた先の左側です。
見事に周りは田畑のみなので、すぐ分かるはずです。

このお店はなんでも五井の駅前にある和食屋?居酒屋?の
「とやま」というお店が経営しているのだそうです。
古びた感じがする外観のお店には真新しい看板が掲げられています。
店名の「光屋」という文字の回りには
「ダブルスープが自慢」
「つるつるシコシコ麺」
「げんこつスープ」

などと描かれています(^^;

メニューに目をやると、そこには
「スタッフが慣れるまでは醤油らーめんのみになります」
との文字が書かれています。
慣れるまでは店を開けるなよ、という突っ込みを飲み込んで(笑)
その醤油らーめんをいただくこととします。
ちなみに価格は580円で並も大(1玉半)も同料金なのだそうです。

厨房に目をやると、これは先入観かも知れませんが
いかにも職人然とした方が腕を振るっています。
フロアはすべて女性で、中におかみさんと呼ばれている
女性がいらっしゃいました。その居酒屋の女将なのでしょうか。

hikariyaさてさて程なくしてラーメンが登場です。
某市原担当のL氏(爆)に見せて頂いた写真よりも
明らかに目の前のスープの方がにごっています。
心静かにレンゲを手に持ち一啜り…。
豚骨ベースのあっさり、かつシンプルな味わいで、
そこに和風のテイストも若干ではあるが感じます。
バランス的には非常にカエシの甘さが突出していて、
味醂などを使った、いわゆるそばなどのかえしに近い
作り方をしているのではないかと推測します。
しかしスープの印象としては甘さが多少気になるものの
決して悪くはなく、普通に美味しくいただける一杯になっています。
奇をてらわずに、万人受けする上品なまとめ方をしていると思いました。

具に今となっては珍しくもなくなった水菜が乗っていて
食べ歩いたり研究されているのかなとは感じました。
チャーシューは独特な味付けがされていて、ちょっと癖を感じます。
580円の価格で玉子が半個入ってくるのも嬉しいです。
またなるともしっかりと入っていました。

麺には若干斑点のように粒が見えます。
これは全粒粉を使った麺とのことでしたが、
いわゆる全粒粉を使った麺の食感が感じられない麺で、
茹で加減が柔かったということもあるのでしょうが、
それだけではない麺の素性の問題であるようにも感じました。
非常に近い食感で覚えがあるのは、マメさん@函館の布海苔入りの麺。
見た感じも食べた感じも非常によく似ています。
まぁ全粒粉バリバリの食感の麺がこの地に合うとも思いませんし
これはこれでスープにも合っていると思いました。

さて、スタッフが慣れるまでは醤油らーめん一本だそうですが
スタッフが慣れてきたら、何を食べさせてくれるのでしょうか?
メニューにその一部が書かれておりました。

「あんかけ熱々らーめん」
「塩つくねらーめん」
「胡麻だしらーめん」

これは早くスタッフに慣れていただくしかないッスね(^^;

【光屋@海士有木レポ】
【酒と肴と鮨とやまHP】

|

« とんかつやでとんこつ | トップページ | マルバの憂鬱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光屋の全粒粉麺:

« とんかつやでとんこつ | トップページ | マルバの憂鬱 »