« 熊のスライスチーズ | トップページ | YO! »

2005/09/26

馬場本店の最上白味醂

醂を飲んだことがありますか?
しかも甘くて美味しい、お酒のような
最高の味醂を飲んだことがありますか?
和食や蕎麦の世界では知る人ぞ知る最高級味醂。
佐原の老舗蔵元「馬場本店」さんが作っている
「最上白味醂」がその味醂です。
縁があってこの馬場本店さんにお邪魔して
杜氏さんの説明を受けながら
味醂作りを見せて頂くことが出来ました。
ちょっとした大人の社会科見学です。

mirin2水郷佐原の町で創業数百年
という歴史を誇る老舗、馬場本店。
この「最上白味醂」は江戸時代後期から生産を始めていて
その当時のままの手作り製法を貫いている味醂です。
古い酒蔵の中には大きな味醂用のタンクが並んでいます。
もち米を蒸して麹米と混ぜ合わせて
冬場に毎日炭火を焚いて温度を一定にして
作っていく、非常に手間のかかる味醂。
今時こんな面倒な作り方をしているところはないですよ、と
自嘲気味にお話してくれた杜氏さんですが
同時にその作り方に誇りを持っているようでもありました。
そしてその味醂にも愛情をお持ちに感じました。

ちなみに工場は事前に連絡をすれば
一般の方でも見学が出来るそうです。
味醂だけではなく酒造りの工程も学べますし
江戸時代に使われていた本物の道具なども展示されていました。
普段偉そうに塾で日本史を教えてたりする私ですが
「唐箕」(米のもみがらなどを取る道具)の実物は
ここで生まれて初めて拝見いたしました。

mirin見学を終えてこの最上白味醂を買って帰って
いわゆる通常市販されている味醂と較べてみました。
ショットグラスに入れてなめてみます。
ツンとして非常に飲みづらい通常の味醂。
舐めるのがやっと、といった感じです。
それに対してまろやかな自然な甘味と
濃厚な深いコクを持った最上白味醂。
非常にすっきりとした蒸留酒のような
本当に飲めてしまうから驚きです。
色々なタレに使うのはもちろんですが
梅を漬け込んで梅酒を作ったりも出来ますし、
照り焼きなんかにしても美味しそうです。

ラーメンのカエシに使ってみたり、味噌ダレに入れてみたり
あるいはチャーシューに塗って照り焼きにしたり…。
すぐラーメンに使おうと考えるのはよくない癖ですね(^^;

【馬場本店HP】

|

« 熊のスライスチーズ | トップページ | YO! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬場本店の最上白味醂:

« 熊のスライスチーズ | トップページ | YO! »