« 田能久のらぁ麺 | トップページ | 選挙に行こう! »

2005/09/09

しろきやの冷し担担麺

本的に乗らないぞ、っていうか、
まぁ天邪鬼と言われればお返しする言葉はないのですが、
煽られて行くのって、負けたみたいでイヤなんですよね(^^;
よくラーメン屋さんでも食べに来いって
連絡をして来る人が結構いるんですけど
そういう店にはまず行きません(爆)

しかし掲示板でかみやま嫁さんの投稿をきっかけに
多くの方がしろきやの「冷し担担麺」を絶賛なさる。
特に房氏、あ、変換間違えた、某氏がですね(爆)
何度と無く定期的に煽ってくるわけですね。
刷り込みっていうわけではないのでしょうけれど
何か行かなければならないような気がしてきて(^^;
ラーメンお休み期間が終わって早速足を運びました。

shirokiyahttまずはそのビジュアルが素晴らしいじゃないですか。
かみやま嫁さんもご指摘されているように
スープと糸唐辛子の赤に挟まれた白髪ネギの白。
このコントラストがとても素晴らしいです。
(思わず今月のタイトルバックに使わせて頂きました)

そして見た目よりもマイルドなスープ。
女性の方でも飲み干せるようなバランスにしたと
店主の長谷川さんがおっしゃってました。
まぁ、前作の激辛つけ麺がかなり辛かっただけに、
逆の振り幅が作用したといいますか
そういうバランスになったのでしょうけれど。
白ゴマ、アーモンドの香りが食欲をそそり
唐辛子とゴマ油の風味が追っかけてきます。
冷たくて甘くて、そして徐々に辛くなる。
自家製の麺も水で締めることでまた良さが増しています。

冷やしラーメンを成立させるのはなかなか難しいのですが
担担麺というアプローチにすることによって
旨味の主体が味噌だったりゴマだったりするので
いわゆる清湯系のラーメンよりもまとまりますね。
その手本というか見本のような完成度を持った一杯でした。
そしてこれを650円で出しているのも立派です。
10月中旬までとのことですので、ぜひ。

【関連記事】しろきやの納豆らーめん
【しろきや@都町レポ】
【拉麺会議室のコメント】

|

« 田能久のらぁ麺 | トップページ | 選挙に行こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しろきやの冷し担担麺:

« 田能久のらぁ麺 | トップページ | 選挙に行こう! »