« 田島商店のホーロー看板 | トップページ | 夢の6円ラーメン! »

2005/08/29

酒処ふくいちの塩

田の「麺や福一」のご主人石曽根さんは
昭和43年友の会、私と同い歳の方です。
そんな石曽根さんが体調を崩されてお店に立てなくなって
しばらくお休みされていて、留守は奥様が任されていたのですが
最近ようやくお店にまた復帰されることになりました。

もうこれは他人様の病気のことなので、
こういう場で事細かにいうつもりはありませんが
つくづくラーメン屋さんというのは過酷な稼業なのだと感じます。
私と同い歳の人が病に倒れると、己の行動を見つめ直しますね。
自分を大切にしなければいけないな、と感じます。
石曽根さんが倒れた知らせを最初に聞いた時、そう感じました。
そして彼が現場に戻って来るのをただ待とうと。
ようやっとその機会がやってきたわけです。

fkic石曽根さんがお店に出なくなってからは
ラーメン屋とレストランを一時休業して
レストランの店舗で居酒屋スタイルで
営業を続けられていました。
いわゆる「縄のれん」をくぐって入ると
やはりレストラン的な雰囲気でありながらも
メニューは至って居酒屋チックになっています。
そしてそのメニューの一番最初には
「麺や福一塩ラーメン」の文字が誇らしげに掲げられています。
現在は塩と醤油があり、どちらもお薦めですが
やはりご主人の自慢は塩なので塩を食べて下さい。
麺屋青山の青山店主も一押しの塩ラーメンです(^^;

fkicm久々に味わった福一の塩ラーメン。
いや、もう、しみじみと旨い一杯でした。
麺がどうこう、スープがどうこうと言う前に
目の前に少し痩せたものの元気に笑う石曽根さんがいる。
そしてラーメンについて熱く語っている。
それだけで十分ではないかと思えるのです。
あまり無理をなさらずに、マイペースを守って
まずはご自分の健康をしっかり取り戻すことを
最優先にして頂きたいなと思います。

|

« 田島商店のホーロー看板 | トップページ | 夢の6円ラーメン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒処ふくいちの塩:

« 田島商店のホーロー看板 | トップページ | 夢の6円ラーメン! »