« 宇宙でラーメン | トップページ | 風凛の豚骨醤油 »

2005/07/28

兎に角のラーメン

戸にあった「13湯麺HIDE」の跡地に
新しいラーメン屋さんが今月19日に出来ました。
なかなか足を運べずにいて、一度は振られてしまったのですが(^^;
この日ようやく行くことが出来ました。
一つの美味しいお店が姿を消すということは
それはとても哀しいことではありますが
同時に一つの新しい店が登場するということは
非常に嬉しくもあり楽しみでもあります。

白くて大きな看板には「ラーメンつけ麺 兎に角」の文字。
店の軒先には、夏らしく青く染め上げられた
店名入りの暖簾も涼しげに下げられています。
HIDE時代と店内のレイアウトは変化ないようにも見えますが
入ってすぐ左側にガラス張りの製麺室が作られていました。
外を歩く人へ自家製麺をアピール出来て
いい看板要素になっていると思います。

この店のご主人は津田沼の人気店「必勝軒」に
半年ほどいたことがある方です。
この系統のお店で修業された方は
やはり自家製麺に行き着くのでしょうね。

メニューは「ラーメン」と「つけ麺」の2本立て。
「自家製麺をたっぷり味わっていただきたくて、
普通盛でも少し多めになっています」
との表記があって、
普通盛で250gと書かれていました。
これは一般的なラーメンの麺の量から考えれば
1玉半といったところでしょうか。
ちなみに大盛は375gで100円増し、
特盛は500gで200円増し。
これはつけ麺でも同じ量、同じ値段のようです。

通常初めてのお店に伺う時は、基本のメニューを食べるようにしています。
しかしそのメニューの中にトッピングの燻製味玉子という文字を見つけてしまいました(^^;
こうなると、もう基本のメニューがどうした?とばかりに
迷わず「燻玉ラーメン」とオーダーしているワタシ。
この潔さは我ながら天晴れであるなぁ(苦笑)

tonikakuそして出てきたラーメン。
まずスープの色が非常に良く、食欲をそそる色です。
豚骨や鶏がベースになっていて粘度があるスープに
節系がかなり多めに投入されたバランスです。
この表現だけだと修業先のスープと変わらなく
読んでしまわれるかも知れませんが
その要素全てにおいて意図的に
一歩手前で止めているという印象を持ちました。
ゼラチン質から出る粘度、スープ自体の濃度、そして醤油などの味の強さ。
必勝軒のスープはそれぞれのレベルがかなり振り切れている、
どちらかと言えば若者向けにバランスが取られているのに対して、
兎に角のスープは必勝軒のスープの良さは残しつつも
他の年代の方も意識したような匙加減を感じるのです。

それはすなわち個性的な存在から、普遍的な一般的な存在への
移行であったり再構築ということになるわけですが、
それを単純に感じさせないのが燻製チャーシューと味玉の存在。
これは修業先にない+αの要素です。
スープにこの燻製臭が移ることによって
あまり他では出逢わないスープの香りと味になっています。
それがいいか悪いかは個人差があるとは思いますが
(私的にはせっかくのスープがちょっともったいない気もしました)
オリジナリティを持ったラーメンになっているのは立派です。

麺は太めでつるっとした表面の麺で、
歯ごたえもしっかり感じられました。
茹でる時には平ざるでうまく踊らせていましたが
必勝軒はテボ(振りざる)ですから、
もしかしたら他店でも修業経験がある方なのかもしれません。
ただスープとの絡みとなると若干存在感が弱くなってしまいます。
これは麺が弱いというよりもスープが強いのかもしれませんが。

またもう一つの看板メニューである「つけ麺」もいただきましたが、
こちらも「ラーメン」同様の、行き過ぎない一歩手前の丁度いいバランス。
濃度を持ったつけダレは、動物系のうま味と節系の香りがしっかりと感じられます。
甘味も酸味も、唐辛子の辛みも程良い程度で止めてある印象です。

味はもちろんレベルが高かったのですが、
接客や店の雰囲気作りでもレベルの高さを感じました。
ご主人と奥様、2人でやられているようですが
実ににこやかで清々しい接客、仕事ぶりでした。
客を無視するでもなく、逆に話し過ぎるわけでもなく。
ここらへんも修業先の一歩手前で止めてる感じかな(笑)。

今年は県内で有望な新店が多くオープンしている年ですが
この店もその筆頭に立つお店と言っていいでしょう。
今後にますます期待が持てる新店の登場です。

【兎に角@松戸レポ】

|

« 宇宙でラーメン | トップページ | 風凛の豚骨醤油 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兎に角のラーメン:

» 松戸 兎に角 つけ麺 [大盛上等!ダイエット挫折日記]
昼に食べた「べんてん」 が全然消化されていない・・・ だが、今日は松戸の「兎に角」 に行く約束をしてしまった。 松戸でレモンさんと待ち合わせ、兎に角へ到着! あれ?? 全然行列が無い・・・・・それどころか店内にも先客がわずかに2名(?_?) マンボウ予想... [続きを読む]

受信: 2005/10/08 10:21

« 宇宙でラーメン | トップページ | 風凛の豚骨醤油 »