« 三媽臭臭鍋の大腸臭臭鍋 | トップページ | 福州世祖の胡椒餅 »

2005/06/22

鼎泰豊の小籠包

泰豊で朝ご飯。
これが私の台湾でのスタイルです。
あまりにもベタなコースではありますが
やはり「鼎泰豊」を外すわけにはいきません。

dtf2鼎泰豊は台湾に行かれたことがない方でも
一度は耳にしたことのある店名ではないかと思います。
新宿や横浜の高島屋や、カレッタ汐留など
日本国内だけでも数軒の支店を展開しています。
かつてNew York Times誌上で「世界10大レストラン」の一つに
数えられたこともある名店です。

市内に2軒ありますが、私は本店にいつも行きます。
この店を狙うのは、ズバリ、オープン時間に限ります。
日中、特にお昼時や夕食時ともなれば
店の外にまで人が溢れてしまうほどの人気です。
しかしオープン時にはたいていガラガラです。

dtf1ここを世界10大レストランにしたともいえる
超人気メニューが「小籠包」です。
この店の小籠包を食べたいがために
人は集まり並び、私は早起きをするのです。
包みたての小籠包を蒸籠で蒸してすぐ提供します。
作りたてにとことんこだわって生まれた
スープと肉、皮の絶妙なバランスは
他の店では味わえないモノです。

出来立てを提供してくれるわけですから
食べる側も火傷覚悟で食べなければいけません。
しかもスープをこぼさぬように一口で一気に。
熱々のスープが口中に広がりますが我慢我慢。
火傷してでも味わいたい美味しさがあります。

この味が忘れられなくて、日本の支店にも行きます。
しかし、数が4個も少なくて値段が高い(^^;
仕方ないことではありますが、やはり台湾で食べてこその
鼎泰豊という気がします。

dtf3他にも点心類や、麺類なども豊富に揃っています。
たいてい台湾に行くとラーメン好きの方は
「麺」に幻滅してしまうことが多いのですが
このお店の麺はしっかりとした麺で、馴染みやすいです。
「紅焼牛肉麺」などは、日本人にも食べやすいでしょう。
どれも屋台ほどの価格ではないにしろ、
日本の相場から較べれば低価格です。

旅先でガイドブックなどに載っている店で
美味しいお店にはなかなか当たらないモノですが
鼎泰豊の小籠包は必食の味、と言えるでしょう。
一度台湾に行ってこの店の味を体験してみてください。
きっと2度目の台湾でも、私と同じように
早起きしてお店に向かって、朝ご飯を食べているはずです。

【鼎泰豊HP(日本語)】

|

« 三媽臭臭鍋の大腸臭臭鍋 | トップページ | 福州世祖の胡椒餅 »

コメント

トラックバックさせていただきました。
日本で食べて見ましたが、やはり本場が一番のようですね。是非台湾で食べてみます!

投稿: ゴリ蔵 | 2005/07/19 02:39

はじめまして!TBありがとうございますm(_ _)m

私も新宿と横浜で食べたりしますが
値段、量などを考えても本場がいいですね。
ぜひぜひ一度台湾へ行かれてみてください♪

投稿: Ricky | 2005/07/19 12:33

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鼎泰豊の小籠包:

» 【汐留】鼎泰豊(ディンタイフォン)~小籠包~ [東京の美味しいグルメ]
今日は梅雨明けですね。 これから本格的な夏です(といっても今日も充分暑かったですが)。皆さん夏バテしないようにね。 さて、今日ご紹介するのは、小籠包で超有名なお店。 台湾に本店を置く点心のお店鼎泰豊(ディンタイフォン)です。 ■鼎泰豊(ディンタイフォン) カレッタ汐留店 WEB 住所 : 港区東新橋1-8-2 TEL : 03-5797-3273 営業時間 : 無休 11:00~22:00 台湾に本店を置くこのお店は、なんとニューヨークタイムスの世界の10大レストランに選... [続きを読む]

受信: 2005/07/19 02:38

» 大根餅 [マンゴープリン・杏仁豆腐レシピ簡単美味しい作り方]
ブログランキングに参加中です。携帯の方はこちら↓人気blogランキングへ大根餅■ 材料大根・・・・・600g(3cmくらいの千切り)腸詰・・・・・50g(みじん切り)干し海老・・・50g(水で戻してみじん切り)上新粉・・・・20...... [続きを読む]

受信: 2007/07/26 20:52

» 鼎泰豊 [Log Book]
ランチは鼎泰豊で、担々麺セット1417円。担々麺単品は998円。 鼎泰豊は、シンガポールで行った事があるんですが、 本店は無いです。っていうか、台湾自体、行った事が無いです。 担々麺は、温かい麺。胡麻が効いています。辛くは全くありません。 野菜ものっていて、女性が好みそうな感じです。 小龍包は、シンガポールよりこっちの方が良かったかも。 シンガポールで食べたときは、ちょっとぬるくなり始めていて、 冷めかけていたんですよ。こっちは熱々でした。 テーブルに小龍包の美味しい食べ方のインストラクションシー... [続きを読む]

受信: 2007/08/31 15:47

« 三媽臭臭鍋の大腸臭臭鍋 | トップページ | 福州世祖の胡椒餅 »