« 富士乃家の割烹着 | トップページ | 第5話「運命の入口」 »

2005/06/17

こうじの冷製トロトロつけそば

月になって、夏メニューを登場させる
ラーメン店が増えてきました。
町の中華屋さんで言うところの
「冷やし中華はじめました」的なモノでしょうか。
個人的に冷やし中華があまり好きではないのですが、
色々なアイディアを駆使した夏の限定ラーメンは
結構好きで、この時期が楽しみだったりもします。

koujihiyatoro毎月限定メニューを出している
麺屋こうじでも冷やしメニューが
今月からスタートしていました。
「冷製トロトロつけそば」という名前。
やはり気になるのは「トロトロ」の部分。
「とろろ芋」と「(まぐろの)トロ」かなぁ、とか
色々と想像していたのですが
いい意味で期待を裏切る「トロトロ」でした。

冷やしラーメンの難しいところは、動物系スープを冷やすこと。
油分は白く凝固しますし、ゼラチン質も固まってしまいます。
そこを青山さんは逆手に取った、のかどうかは分かりませんが
鶏ガラで取ったスープを一旦冷やし、ゼラチン質をプルプルに固めて
それを魚介スープでのばして粘度のあるトロトロ状にしたものを
つけダレに使用していました。

ただでさえ、つけダレに粘度があってトロトロなのに
そこにガツンと魚粉も入ってきますので
とにかく麺との絡みが抜群にいいです。
魚粉が口の中でちょっとざらつく食感になって
より美味しく味わえる感じがします。
味もかなり濃い目に味つけされていて、魚粉の味わいと
ベースの鶏スープの旨味もしっかり感じられます。

冷やしメニューというと、ついついサッパリ系に行きがちですが
しっかり濃厚で食べ応えのある冷やしメニューに大満足。
暑い夏にしっかり食べたい人にお薦めです。

【こうじ@成田レポ】

|

« 富士乃家の割烹着 | トップページ | 第5話「運命の入口」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こうじの冷製トロトロつけそば:

« 富士乃家の割烹着 | トップページ | 第5話「運命の入口」 »