« 開のクリーミータンタン麺 | トップページ | ぽっぽっ屋の支那そば »

2005/06/08

【レンゲ】

ラーメンを食べる時に使用される匙のこと。
元々は中華料理の食事の席で供される匙。
その形状が散った蓮華(蓮の花)に似ていることから
「散り蓮華」と呼ばれていたものが短縮されて
「蓮華=レンゲ」と呼ばれるようになった。

ラーメン店で使われているレンゲには
主に陶製とメラミン樹脂製がある。
客の求める保温性、使用感では陶製に分があり
店の求める扱い安さ、耐久性ではメラミン製に軍配が挙がる。
千葉県内のあるラーメン店では、開店当初メラミン製を使用していたが
客からの要望によって陶製のレンゲを置くようにしたという店もあり
現在その店では客が自由に陶製とメラミン製のレンゲを選択出来る。

また一部少数派ではあるが、特に和風ラーメンを提供する店などでは
木製のレンゲを使用しているところもある。
陶製とはまた違った趣がある使用感があるが
スープが染み込むなどのマイナスファクターがあり
陶製やメラミン製のレンゲよりも耐用年数は短い。

レンゲの使用範囲はあくまでもスープのみであって
レンゲに麺を取って食べる食べ方は邪道とされる。
スープを飲む時にレンゲを使用するのは構わないが
時にはレンゲを使用せず、丼から直接飲むことも薦める。
明らかにレンゲで飲む時と味が違って感じるから面白いものだ。

話は変わるが、炒飯を食べる時はレンゲに限る。
落ち着いて考えれば、肉厚のレンゲを使用するよりも
遙かにスプーンの方が食べやすく機能的なはずだ。
しかし炒飯はレンゲと相場は決まっている。
これは中国四千年で培われてきた歴史であり、守るべきルールなのだ。

ちなみに、雑誌の取材時にラーメン店主や読者モデルなどに
レンゲを手渡して「何かポーズ取ってください」と頼むと
かなりの確率で取るポーズは「視力検査」である。

|

« 開のクリーミータンタン麺 | トップページ | ぽっぽっ屋の支那そば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【レンゲ】:

« 開のクリーミータンタン麺 | トップページ | ぽっぽっ屋の支那そば »