« ラーメン施設の明暗 | トップページ | 奥村屋の復活 »

2005/05/17

ラーメンデータバンク

本一ラーメンを食べた男、
大崎裕史さんが新会社を設立されました。
大崎さんといえば、テレビ・雑誌はもとより
ラーメンサイトの先駆け「東京のラーメン屋さん」
などでもお馴染みの方ですね。

ラーメンを作る側が会社を興すのではなく
ラーメンを食べる側が会社を興したというのが興味深いところで
事業コンセプトなどを拝見して、さすが大崎さんだなと感じたのは
「人材」「物件」「食材」の情報整理、提供といった部分。

ラーメン店の人たちが欲しがるこのような情報は
面白いくらい作り手よりも食べ手に情報が集まります。
ラーメンを食べ歩いていると、色々なお店の方とお知り合いになります。
そしてラーメン屋さんとラーメン屋さんや
業者さんなどを繋ぐこともできます。
ラーメン屋さん同士の横の繋がりというものは
意外にラーメン屋さん同士では難しい部分もあるようです。
このような色々な部分を繋いでいくことを腰掛けではなく、
仕事としてきっちりと提供する会社というものは
ラーメン業界において大きな存在意義があろうかと思います。

日本一ラーメンを食べる男は
日本一ラーメン業界のことを考える男でもある、と。
大崎さんの日々の活動を見ていると、ラーメンへの熱意、愛を感じます。
新会社の設立をお祝い申し上げると共に
ご発展を心より祈念いたしますm(_ _)m

「自称「日本一ラーメンを食べた男」がラーメンサイト運営で新会社設立」
【株式会社ラーメンデータバンクHP】

|

« ラーメン施設の明暗 | トップページ | 奥村屋の復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンデータバンク:

« ラーメン施設の明暗 | トップページ | 奥村屋の復活 »