« こうじの塩そば | トップページ | 炒葱麺を作ってみた »

2005/05/04

自分好みの味

日付の記事で紹介した「麺屋こうじ」。
みっちーさんのレスにもあるように、バリエーションが増えて
自分好みの味を選べるようになりました。
今回はそのインプレッションを。

まず動物系のスープが2種類あります。
A:豚骨を使った白濁スープ
B:鶏ガラを使った半濁スープ
この2種類に鰹節などで取った和ダシを加えるかどうか選択出来ます。
さらに豚骨スープベースにはニンニク油を加えるかどうかも。
カウンター上にはそのバリエーションが表にしてあります。

・豚骨醤油(A)
・豚骨魚介(A+和ダシ)
・ニンニク油
・鶏ガラ醤油(B)
・鶏ガラ魚介(B+和ダシ)

店主の青山さんは、やはり魚介を効かせた味がいいと考えているようで
ストレートタイプ(和ダシの入らないヤツ)は
和ダシが苦手な方に用意したオプションといったポジションです。
従って私が試したのは和ダシの入ったパターン。
「豚骨魚介」「鶏ガラ魚介」「豚骨魚介+ニンニク油」の3種です。

kouji_torigyo結論から言えば、どれも美味しかったのですが
比較して優劣をつけるのであれば、
私的には「鶏ガラ魚介」が一番好きです。
もちろんその日のスープの状態で違うでしょうが
3つの中でバランスが一番よかったです。

まず豚骨白濁スープですが、かなり頑張って作っているスープで
濃度がけっこう出ています。そして油分もけっこう多め。
そこに和ダシが加わるわけですが、正直負けてしまっている。
青山さんももちろんそれを感じていて、和ダシのブレンド量は
鶏ガラスープと合わせる時よりも、豚骨スープと合わせる時の方が多めにしてあり、
その上魚粉なども新たに加えたりしています。
それでも動物系スープが強いので負けていると感じてしまいます。
しかし他の味と同時に比較でもしない限りは
この味わいもかなり好きな味わいです。

一方の鶏ガラ半濁スープも、しっかりとしたうま味が出ていますが
豚骨ほど油分も多くないせいでしょうか
和ダシがいい塩梅で活きています。
全てのうま味がバランスよく味わえるラーメンになっている。
そういう意味で私は「鶏ガラ魚介」が好きです。

Wスープのお店など、2つの寸胴を仕込むというのは
なかなか大変な労力ですし、原価もかかることです。
儲からない仕事してるなぁ、と思いますが
それは裏返せば客にとっては有り難い話です。
せっかく揃っているバリエーションですから
その中から自分好みの味を探すのも面白いと思います。

【麺屋こうじ@成田レポ】

|

« こうじの塩そば | トップページ | 炒葱麺を作ってみた »

コメント

今日こうじに行きましたら
つけ麺もつけだれが選べるようになっていたんですね。
以前はあっさり系(とは言うもののけっこう濃厚)の
タレのみだったと思いますが、
豚骨(こってり)と鶏ガラ(あっさり)の
2種類から選ぶ方式になってました。

久々に行ってきましたので
青山さんに独立おめでとうございますと挨拶してきました。
独立後も意欲的に仕事に取り組んでいるようで
うれしい限りです。

投稿: みっちー | 2005/05/15 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分好みの味:

« こうじの塩そば | トップページ | 炒葱麺を作ってみた »