« 珍來の麺 | トップページ | 佐野さんのラーメン本 »

2005/05/14

店主監修カップ麺に想う

masudayacup田家のカップ麺が発売されました。
十勝新津製麺の製品で、ファミリーマート限定です。
昨年から話は出ていましたので
開発に随分時間をかけた商品ですね。
それなりに美味しくいただきました。
キクラゲやモヤシなんかも入っていて
増田家っぽいビジュアルにはなってます。

しかし、もうそろそろラーメン店の味を再現という
カップラーメンの需要は薄れてきているのではないでしょうか。
以前カップラーメンの企画をやった時から感じていることなのですが
そもそもラーメン屋さんの味を再現するのは無理ですって。

もちろんカップ麺業者さんの技術は相当たるもので
大抵の味、スープなどの雰囲気は再現出来ます。
業者さんで味を担当されている方の味覚ももの凄く
スープをなめただけで、味の成分を判断して
数百種類もある○○エキスの瓶を取り出して
化学室のごとく薬包紙と天秤を使って
配合して味の再現をしてしまうんです。

しかし結局のところ、豚骨スープを炊いた本物と
ポークエキスを配合したスープには差が出ます。
うま味成分的に全く一緒だ、と言われたところで
やっぱり違うんですよ。味が。
例えば丸一日ていねいに煮込んだ白濁スープと
粉をパパッと配合したスープが同じ味というのは
どう考えても道理が合わないでしょう。

ラーメン屋さんがカップ麺の開発を手がけるようになって
明らかにカップ麺業者の方は勉強になったと
口を揃えておっしゃいます。
それならばもうそろそろ再現商品から一歩先の味を、
数々のラーメン屋さんとの共同作業で培った
ノウハウを新商品に活かして欲しいと思うのです。

あるいは、これも実は数年前から業者さんには言っているのですが
どうせ店主と絡むのであれば、味の再現などはやめて
定番商品を監修してもらったらどうかと思うのです。
パティシエの高木氏がキットカットを作ったように
河原さんプロデュースの「日清カップヌードル」とか
佐野さん監修の「明星チャルメラ」なんて
聞いただけでワクワクする食べ物だと思うんですけれど。

【増田家@千葉中央レポ】
【十勝新津製麺HP】

|

« 珍來の麺 | トップページ | 佐野さんのラーメン本 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 店主監修カップ麺に想う:

« 珍來の麺 | トップページ | 佐野さんのラーメン本 »