« らーめんタクシー発進! | トップページ | 自分好みの味 »

2005/05/03

こうじの塩そば

koujishio屋こうじで毎月出されている限定。
今月の限定は「帆立薫る塩そば」というラーメンです。
レギュラーとは全く違った透明な塩スープは
すっきりしつつも深いコクがあるなかなかの味でした。

2003年、柏にオープンしたこうじは
千葉で最初の「佐貫大勝軒」系の店。
開店してすぐ人気を呼んで行列店になりました。
人気があるにも関わらず昨年夏には成田へ移転し、
新しい移転のスタイルとして話題になりました。

そして今年4月、佐貫系から経営的に独立を果たしました。
佐貫系の総帥、田代さんは後進を育てていって、
力のある者には独立をさせると以前から言っていましたが、
その第1号となったのがこうじ店長の青山さんというわけです。
こうじ店長からこうじ店主になっての限定ということで
いつになく気合いのこもったラーメンになっています。

通常のラーメンとは全くことなる透明なスープベースは
鶏に羅臼昆布と帆立貝柱を加えた清湯スープ。
あっさりとした鶏の味わいと帆立のうま味がミックス。
塩ダレや香り油にも帆立干し貝柱がたっぷりと入っていて
丼が目の前に来た時から、帆立の香りが漂います。
もちろんその味にも帆立がガツンと出ていて、
塩分濃度はバランス的には高めですが、
最後まですっきりと飲み干せるスープです。

気合いが入ったという具の中でも白眉の出来映えなのが
ブランド豚ローズポークを炙ったバラロールチャーシュー。
ローズポークとはJA茨城が開発したブランド豚で、
全国銘柄食肉コンテストでも最優秀賞を獲得した実力を持つ品種です。
肉の臭みも一切感じられず、適度に入った脂身の甘さも感じられます。
正直塩ラーメンの具としての相性は微妙な感じもしましたが
レギュラーではない、スペシャルなラーメンだから許される部分かも知れません。
むしろこのチャーシューをレギュラー化して欲しいところです。
個人的には「こってり」(豚骨ベース)に乗せて食べてみたい。
麺も加水が低めの細麺で、食感と香りが楽しめる麺です。
すっきりしたスープに非常に合っていました。
全体として完成度の高い、上質な塩ラーメンという印象で
このパッケージで680円というのは頑張ったなぁと思います。

昼に10食、夜に10食の計20食限定。今月限りの味です。
一度は試してみても損のない味だと思います。

【麺屋こうじ@成田レポ】
【関連記事】こうじのこってり味

|

« らーめんタクシー発進! | トップページ | 自分好みの味 »

コメント

柏時代からずっと贔屓にしていたお店の一つ。
これからの活躍も期待しております。
ところでどこでも触れられてないですが
3月からスープの選択の幅が広がりましたよね。
こってり派とあっさり派の合計6種。
お気に入りを見つけるために通ってみる楽しみが増えましたよ。

投稿: みっちー | 2005/05/06 23:06

レポに上げようと思っていながら
なかなか上げられずにおりましたm(_ _)m
次のブログ記事で紹介しようと思います。

みっちーさんはどの味がお好きですか?
私的には鶏ガラ魚介が一番好みでした♪

投稿: Ricky | 2005/05/09 00:37

柏時代に近いと思われる
とんこつ魚介が一番好みです。
次に鶏ガラ魚介でしょうか。

毎月限定はまだどれも試してないんですよね。
というか片道1時間かかるのでなかなか行けずにいる次第です。
せめて月一は行きたいのですが…

投稿: みっちー | 2005/05/09 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こうじの塩そば:

« らーめんタクシー発進! | トップページ | 自分好みの味 »