« 自分好みの味 | トップページ | GTFM »

2005/05/05

炒葱麺を作ってみた

理は決して嫌いではありませんし
苦手というわけでもありません。
しかし面倒だからまずやりません。
素人がお金使って材料買ってきて、時間かけて作るよりも
お店に行った方が安くて簡単に
レベルが高くて美味しいモノが食べられる。
そう考えてしまうと、まず作ろうと思わないんですよ。

私の育った家庭は、母親が料理好きだったせいでしょうか
それこそ色々な調理道具やら調味料、食材もありました。
だから、私は小さい時から妙に頭でっかちなところがあって
その調味料やらなんやら揃えようとするともう疲れちゃう。
冷蔵庫にあるモノでパパパッと、っていうわけではないんです。
そういう意味では正に「男の料理」「趣味」なんですよね。
今日はカレー作るぞ、ってなっただけで
「よし、とりあえず紀伊国屋か明治屋に行くか」みたいな(爆)
間違いなく一日仕事になっちゃいます。

しかし、HP上で新しく始めた「拉麺レシピ」が好評で
週末になるとよく感想メールを頂くんです。
もちろん読者層がそうだからでしょうが、
お父さんというか、男の方からの感想が圧倒的に多いです。
そして「炒葱麺」が美味しく出来た、というメールを
結構いただいていて、それに感化されてしまいました。
取材の時に買った「中華三昧」が一食余ってたので(^^;
この日、私も挑戦してみました。

とりあえず、HENCKELSの包丁を取り出して
(もうとにかくカッコから入る男なもので)
ネギの芯を抜いて丁寧に刻みます。
レシピではフライパンで、とありましたが
もちろん本家通りに中華鍋を使います。
白絞油はなかったのでサラダ油で。
あとスープには家にあった豆板醤と
オイスターソースを加えました。

「レシピ」取材時に、松井さんの作っている様を
しっかり見ていますので、まず迷うことはなかったのですが
それでもやはり麺の茹で上がりとスープを焼く時間との
タイミングが非常に難しかったですね。
麺もあまり時間をかけると柔くなってしまいますし
スープも熱々に仕上げたいあまり時間をかけると
ネギがしんなりしすぎてしまい、甘みも出過ぎてしまう。

negiそして試食。
スープを上げるのに少し時間がかかってしまったので
スープがちょっと詰まってしまっていたのと
麺がちょっと柔かったでしょうか。
私的にはもう少し、あと1分くらい
全ての作業を早く出来ていれば、
ベストの味になったのではと反省。

しかし手間もさほどかからず、時間もかからず
ネギさえあれば簡単にインスタント麺も美味しくなる。
ぜひ皆さんもお試しくださいませ。

【拉麺レシピ:13湯麺の炒葱麺を作る】

|

« 自分好みの味 | トップページ | GTFM »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炒葱麺を作ってみた:

« 自分好みの味 | トップページ | GTFM »