« 湯麺と書いて何と読む? | トップページ | 第4話「葛藤との対峙」 »

2005/04/03

丸長のこいくちつけそば

maruchou長@勝田台のつけそばが凄いです。
昨年いっぱいで長年厨房に立たれていたご主人が
今年から息子さんに厨房を任せるようになりました。
メニューはつけそばメインに一新され、
そのつけそばも「こいくち」「普通」「B」と
スパイスの強弱により3種のつけだれになりました。
この「こいくち」がとんでもなく凄いのです。

先に食べたラーメン仲間などからの情報によると
非常にスパイシーな味わいで辛いとのことでしたが
正直インパクトなどという言葉では片づかないほどの
鮮烈な刺激が突き刺さってくる味わいでした。
辛いといっても唐辛子的な辛さではなく黒胡椒的な辛さで
胡椒もある一定量を超えると「辛さ」が前面に出てくることを再確認。
少なくともつけ麺のつけダレであれほどスパイシーな味は
これまでにはあまり体験したことのない味でした。
食べ始めてすぐに頭から汗をかいたほどです。

しかしこの息子さんがただ者ではないのは
ただ辛いだけではなくこの店の持つ特徴でもある
魚系の味わいがしっかりと感じられていること。
相当量の節系が寸胴に入っていることは想像に難くありません。
3種のつけダレの中では一番スパイスが少ない「B」は
おそらく親父さんの味に一番近いモノになると思いますが
それよりも遙かに重い動物系のボディを持ち
スパイス的辛さが抑えられてその分酸味が際だっています。
今までの勝田台丸長の味を進化させた味といったところでしょうか。

麺も2種類の小麦粉をアルカリイオン水で混ぜたものだそうで
さすが2代目(本店から数えて3代目)という出来映えの麺でした。
水でしっかりと締められていて、麺の持つコシと食感が活かされていて
つけそばでこそこの麺の真価が味わえると感じました。
食べながら「グルテン」という言葉が頭をよぎる麺です(笑)。

同じ場所で同じ屋号で、要するに店を「継いだ」わけですから
味を変える、メニューを変えるということは
相当に勇気が要ることだと思います。
私自身も正直親父さんの味が懐かしく思うし
つけそばやラーメン以外のメニューも食べたいと思います。
同じ場所で、しかも親父さんとお母さんもお店に立っているだけに
余計そう思うのかも知れません。

しかし親父さんはフロアで注文を聞くのも楽しそうですし
息子の成長を見守りつつもサポート役を楽しんでいるように見えます。
「体楽になったんじゃないですか?」とたずねたら
にこにこして頷いてらっしゃいました。
会計の際もお母さんとお話させていただきましたが
「今日のスープはこうでね…」と、楽しそうです。
息子夫婦を核にして、先代夫婦がサポートに回る。
理想的なお店の姿のようにも思えます。

残念ながら親父さんの「丸長」は閉店したわけです。
これからは息子さんの「丸長」の歴史が始まります。
しかし冷静に考えれば、東京のラーメンフリークに支持を受けた
幻の店「八王子丸長」が千葉に出来たわけです。
千葉の拉麺好きとしては、名店の味が無くなったことを惜しむと同時に
名店の血を受け継いだ新しい店が千葉に出来たことを単純に喜びたいと思います。

【丸長@勝田台レポ】

|

« 湯麺と書いて何と読む? | トップページ | 第4話「葛藤との対峙」 »

コメント

僕は保守的なんですねえ。Rickyさんのようなポジティブな考えになかなか切り替わりません。

丸長はラーメンの歴史にとってはものすごく深い意味を持つお店だと思うんですね。いまやそこかしこで様々な変化を遂げた”つけ麺”を食べることが出来ますが、その原型を最初に世の中に送り出したのが東池袋大勝軒の山岸さん。山岸さんが修行して、実際につけ麺を考案したのは丸長グループの中野大勝軒。丸長は長野の蕎麦職人4人が始めたお店で、その中の一人の青木氏の四男が、現勝田台丸長の親父さん。

残念ながら丸長の本家である荻窪丸長へは二度ほど足を運んでいますが、個人的に歴史に名を残すほどのものとは感じませんでした(というのも、接客含め、ラーメンに対する愛情を感じられなかったんです)。一方、親父さんの時代の勝田台丸長は歴史に刻まれるべきお店だと思いました。

Rickyさんが、いくつか前のブログで「変わらないために変わる」みたいなことを書かれていましたが、僕はいくら時代に取り残されようが変化してほしくないと思うものがたくさんあります。伝統芸能然り、歴史的建造物然り。ラーメンもまたひとつの文化だと思うのですが、日本人はどうやら常に進化していくことが好きな民族なようで、普遍的、恒久的なものへの憧憬とかが薄いように感じます。

勝田台丸長については、大きな目で見たときに、僕がこんな大げさな話を持ち出すほどの大きな変化があったわけではないとは思いますし、また、歴史に残るお店であることには違いないのでしょう。

でもね、僕は親父さんの作る味が好きだったんですよ。本当に。

長文駄文、失礼しました。

投稿: やま | 2005/04/14 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸長のこいくちつけそば:

« 湯麺と書いて何と読む? | トップページ | 第4話「葛藤との対峙」 »