« 和之介の鶏白湯 | トップページ | 山勝角ふじの麺 »

2005/04/14

激辛への道程

辛の食べ物ってありますよね。
私は激辛に関して得意か苦手かと聞かれれば、
どちらかといえば得意な方と答えるようになりました。
というのも、最近になってその自覚が芽生えたというか(^^;

私がプロデュースしている拉通では「辛拉」という名前で
これまでに数々の辛いラーメンを創作してきました。
そして今は「GT」という究極の激辛ラーメンを出しています。
それらの試作段階で感じたのは、割と私は人よりも辛いものが平気ということ。
スタッフが辛い辛い、といっているモノでも案外いけてしまう。
もちろん辛いことは辛いですし、頭から汗もかきます。
でも耐えられないほどではない、というか結構後を引く。
思い起こせば小さい時に熱海駅前にあった「アラスカ」というカレー屋さんで
水を飲まずに辛いカレーを食べておじちゃんに褒められたことも。
(このお店では積極的に水を出さないお店でした)
もちろん今でもサンライン@高輪で抹茶アイスをゲットしています(笑)
(このカレー店は水が一切出ない店で、完食するとアイスがもらえます)

そんなことを知ってか知らずか、
以前あるラーメン屋さんから凄い激辛ソースがあるという話を聞き
過日実際にその問題のソースを体験させて下さいました。
目の前に置かれたソース瓶にはドクロの絵が描かれ
そこには「AFTER DEATH」の文字がありました。
その絵も面白いですが、ネーミングも秀逸じゃないですか。
遊び心満載の商品といえるでしょう。

唐辛子などの辛さは「スコビル」という単位で表すのだそうですが、
この「AFTER DEATH」はおよそ35,000スコビル。
タバスコが約2,000スコビルですからその18倍の辛さということになります。
言い方を変えれば、タバスコを普段18滴垂らして食べている人は
1滴で十分だということになるのでしょうか。
たとえ1滴であっても、食べた瞬間から汗をかきます。
しかししばらくしてくるとその辛さに慣れてくる。
そして慣れてくると「結構うまいじゃん」ってことになります。

一度こういうモノの存在を知ってしまうと気になるのが悪い癖。
後からネットを使って色々と調べたところ、
世の中にはこのような激辛ソースが腐るほど存在し
またそれを喜んで買っている人たちも多いようなのです。
どんな世界にもサブカルチャーはあるものです(^^;

mdそしてこの「AFTER DEATH」ソースは、
その世界では有名な「ブレア社」の
デスシリーズの入門編のようで。
DEATH→AFTER DEATH→SUDDEN DEATH→MEGA DEATHと
その辛さはどんどん凄みを増して続いていきます。
シリーズ最高峰「MEGA DEATH」ともなると、
その辛さ何と550,000スコビル。
これはタバスコのおよそ275倍(^^;
つまりタバスコを普段275滴垂らしている人は…もういい?

しかしMEGA DEATHって聞いて、それが調味料と誰が思うのでしょう?
私が真っ先に浮かんだのはもちろんコレね。

もちろん他にも色々なメーカーが激辛ソースを作って
激辛マニアを喜ばせているようです。
そしてそのネーミングがDEATHシリーズに負けず劣らず
楽しいネーミングが揃っています。

例えば…

「SATAN'S BLOOD〜悪魔の血」
「MAD DOG'S REVENGE〜狂犬の復習」
「ROAD TO HELL〜地獄への道」

なんだかB級ホラー映画みたいです(^^;

で、

川崎君にこれらの激辛ソースの話をしたら、
メキシコ出身の血が騒いだようで(出身じゃなかった)
現在着々と色々なソースを取り寄せているそうです。
GTFでは物足りない貴方のために…(ニヤリ)。

いや、もちろん貴方のことですから…(ニヤリ)。

【ホットソースワールド】

|

« 和之介の鶏白湯 | トップページ | 山勝角ふじの麺 »

コメント

さすがに「METALLICA」とか「SLAYER」という名前のものはないですよね(笑)

投稿: | 2005/04/22 01:18

そこに反応するとは、さすがT君(爆)
しかし「IRON MAIDEN〜鋼鉄の処女」なんてのは
あってもおかしくないよなぁ。

投稿: Ricky | 2005/04/22 01:22

「MAD DOG'S REVENGE〜狂犬の復習」ですか。
随分、真面目なワンちゃんですね。
科目は何なのかな?

投稿: とりがみの兄貴 | 2005/04/23 01:07

あいたたた。(>_<)

投稿: Ricky | 2005/04/23 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激辛への道程:

« 和之介の鶏白湯 | トップページ | 山勝角ふじの麺 »