« 「正しい」竹岡式ラーメン論 | トップページ | はっ!これはっ!! »

2005/04/07

幸福軒の雪解け幸福

限定のラーメン競演。
今回は「桜」「新緑」「雛祭」「雪解」と
4つのテーマで創作ラーメンの競演をお願いしています。
以前も書いたように、豚骨ラーメン店は「雪解」がテーマ。
福福@松戸、猪太@柏、どうたぬき@下総中山と
幸福軒@千葉中央の4軒が参加してくださいました。
幸福軒はこれまでも何度か限定ラーメンなどで
いろいろとご協力いただいているお店です。

幸福軒は千葉拉麺通信が開設された2000年に開業。
この年は必勝軒や奥村屋、イレブンフーズたなかなど
実力のあるラーメン店が次々と開業した年で
いわば「千葉ラーメン元年」「千葉ラーメン当たり年」です。
幸福軒もこの5年間、変わらぬ人気を保っています。

kofuku今回の「雪解ラーメン」で、幸福軒の小黒さんは
「魚介ダシのジュレ」をラーメンに乗せてきました。
節系などの素材と豆乳を合わせて作ったジュレが
豚骨スープの熱によって少しずつ溶けていきます。
最初は幸福軒の白濁豚骨スープの味わいを楽しめて
途中から徐々に魚介ダシが効いてきて
最終的に豚骨魚介ラーメンになる、という仕掛けです。

よくも悪くも幸福軒のスープが熱々なので
こちらが考えている以上に魚介ダシの溶出が速い。
もう少しこの速度がコントロール出来れば
もっと楽しいラーメンになるかとは思いましたが
それでもこの変化は大変面白かったです。
最終的な魚と豚とのバランスも悪くない。
新しい幸福軒のラーメン、といった味になっていました。
パプリカなどを使って色合いも明るく
見た目にもスペシャル感があります。

平日夜の部のみ、1日10食限定。
28日(木)までの限定メニューです。

【幸福軒@千葉中央レポ】

|

« 「正しい」竹岡式ラーメン論 | トップページ | はっ!これはっ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸福軒の雪解け幸福:

« 「正しい」竹岡式ラーメン論 | トップページ | はっ!これはっ!! »