« 行徳がんこのしおそ場 | トップページ | 和之介の鶏白湯 »

2005/04/12

2つの「花○」

○という屋号のラーメン店が
昨年暮れより相次いで県内に登場しています。
一つは千葉市千城台、もう一つは松戸市五香。
正確には「花○らーめん」と「麺屋花○」ですが
同じ時期に同じ名前のラーメン店というのも
偶然の一致とはいえ面白いものです。

hanamaru千城台の「花○らーめん」は
あっさり醤油とこってり醤油をはじめ
塩や味噌、担担麺などのメニューを揃える店。
以前寿司屋だった場所を使っているようで
ラーメン屋らしくない重厚なカウンターで
窯元特注の特製丼でラーメンをいただきます。

あっさりとこってりの両方を試してみましたが
動物系のうま味がより感じられるこってりの方が
個人的には好みの味でした。
芽ネギや山くらげ、湯葉など一風変わった具材が乗り
チャーシューも薩摩産黒豚を使用していると謳っています。
それが650円〜という強気の価格設定になっているのでしょうが、
正直なところこのラーメンでは割高感を覚えます。
カエシの強いバランス自体は好みの問題でしょうが
全体的に「うま味」という部分が弱いのです。
スープにうま味の層が感じられない。
麺も凡庸な中華麺で、茹で加減も甘めなのが残念。
一律50円ダウンくらいで丁度いい印象です。

一方の五香に出来た「麺屋花○」は
「らーめん寺子屋」1期生のお店です。
焼き鳥店の店主が店の空いている昼間を使って
いわゆる「二毛作」営業をしています。
スープは濃厚な鶏ベースの白濁したスープで
寸胴には丸鶏や豚骨の他に、鶏の様々な部位が入れられています。
これは普通のラーメン店ではぜいたくな話しで、
焼き鳥店ならではのアドバンテージでしょう。

その濃度の高いスープに甘めのカエシと魚ダシが合わされています。
どことなく日本そばを連想させる香りと甘さで
ここは好みが分かれるところだと思います。
しかしそのスープがもちっとした麺とよく絡み、
麺の旨さを引き立てているのも事実。

本来は麺打ちも出来る店主なのですが、
毎日スープの仕込みと焼き鳥店の仕込みが重なり
師匠の13湯麺松井さんに麺は発注しているそうです。
結果として麺に定評がある13湯麺の麺を
違ったアプローチで味わえる存在になっています。
私が寺子屋に関わっているから、という部分は抜きにしても
なかなか面白いラーメンを出していると思います。

2つの花○。2つの味わい。
同じ名前で違う味の2軒を食べ比べてみるのも楽しいでしょう。
ただし千葉市と松戸市なので、1日でハシゴは大変ですが(^^;

【花○らーめん@千城台レポ】
【麺屋花○@五香レポ】

|

« 行徳がんこのしおそ場 | トップページ | 和之介の鶏白湯 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2つの「花○」:

« 行徳がんこのしおそ場 | トップページ | 和之介の鶏白湯 »