« 千葉家系お薦めリスト | トップページ | 博多一風堂、東京進出10周年 »

2005/04/19

にしかわの自家製麺

nishikawa取にこの日出来た新店です。
「らー麺にしかわ」という看板が掲げられた小さなお店。
県内では数少ない女性店主のラーメン店で
この女性が麺上げや盛りつけなど厨房で頑張っています。

ラーメンはあっさりした鶏ガラベースのラーメンと
豚骨ベースのラーメンの2種類がありました。
鶏ガラベースの方は和ダシも加えられていて
スープは半濁していますが、すっきりした後口。
一方の豚骨ベースは、白濁してマイルドな味わい。
どちらもこれといった強烈なインパクトはありませんが、
それなりにまとまっている、無難な味わいになっています。

この店で注目すべきは麺。自家製麺を使用しています。
新店ながら、スープに合わせ2種類の麺を打ち分けています。
鶏ガラベースには中細麺、豚骨ベースには中太麺。
切り刃だけではなく、粉の配合から変えています。
それもラーメン作りは修業経験のないという店主が
製麺機メーカーに足を運んで作り方を学んだのだそうです。
(ちなみに餃子の皮もやはり自家製なのだとか)

正直、中細麺の方はコシも弱く、スープとのバランスも今一つ。
まだまだ改良が必要と感じました。
中太麺の方もスープとの相性を考えると
現段階では麺の方が主張が強くなってしまっていますが
(平打ちなどだったらよりバランスはよくなるかと思いましたが)
それでもこの中太麺はなかなかいい食感を持っていて、
加水高めのモチモチ麺は新店とは思えない出来映えでした。
水で締めてつけ麺などにしても面白そうな麺でした。

この麺自体の進化はもちろんですが
スープとのバランスが改良されていけば
この店は結構面白いことになりそうです。
今後も定点観測したいお店の登場といえるでしょう。

【らー麺にしかわ@鎌取レポ】

|

« 千葉家系お薦めリスト | トップページ | 博多一風堂、東京進出10周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にしかわの自家製麺:

« 千葉家系お薦めリスト | トップページ | 博多一風堂、東京進出10周年 »