« 限定創作ラーメンの競演 | トップページ | らーめん寺子屋、再び! »

2005/03/11

和屋の新味

屋というお店が千葉市にあります。
千葉市街から蘇我へ抜ける末広街道沿い。
京成千原線(以前の千葉急行線)のガードと交差する辺りに
ひっそりと佇む、ジャズの流れるお洒落なお店です。

このお店は以前は「ガオーラーメンとらや」という
どうにも食指の動かないお店でした。
しかしこの店のスタッフが研究を重ねて
味や雰囲気、ついには店名までも変えて
今から2年半前にリニューアルオープンしたのが
この「らーめん和屋」なのです。

「とらや」時代から店長を任されていた石橋さんは
その後独立し、千葉マルバを経て
本千葉に「魚だしらーめん樹蔵」を開業されました。
後を任されたのが現店主でもある伊藤さんです。

しかしその後紆余曲折があって
オーナーが経営から撤退することとなり
店長だった伊藤さんが店の経営を引き継ぐことになりました。
伊藤さんはより味の向上を目指して試行錯誤されて
新たなラーメン「新味」を創作しました。

nagomiya和屋の自慢は2種のスープ。
白濁豚骨と清湯スープの2種類で
「とんこつ」「和風」のラーメンを出しています。
その2つのスープを3:7でブレンドして
作ったのが「新味」なのです。

もちろんこのようなバランスの味は数多く存在しますし
今となってはWスープも決して珍しくはありません。
しかし普通ならば魚の香りなどでまとめ上げるところが
この「新味」はあくまでも動物系のうま味に溢れています。
それがかえって新鮮で、なかなか面白い味わいになっています。

新潟めんつう製の麺は太、細の2種類から選択が出来ますが
ちょっと固めに茹でられた細麺との相性がよさそうです。
ていねいにとられているスープはレンゲの手を緩めさせません。
豚の肉のうま味がぎっしりつまった柔らかチャーシューは
注文を受けるたびにスライサーでカットします。
一つ一つの具や仕事に誠実さを感じます。

飛び抜けて存在感のあるラーメンではありません。
しかし、非常に実直なラーメンといえる一杯です。
アットホームな雰囲気の接客も好印象。
末広街道は末広家だけじゃないぞ、というお店なのです。

【和屋@千葉寺レポ】

|

« 限定創作ラーメンの競演 | トップページ | らーめん寺子屋、再び! »

コメント

先日お店に行ったら、Rickyさんが来たって喜んでましたよ。

「塩が辛いって言われちゃいました!」

とのことでした(^^;

和屋のレポは辛口ですね。
期待の裏返しでしょうか?(笑)

投稿: 千葉寺町 | 2005/03/14 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58381/3290923

この記事へのトラックバック一覧です: 和屋の新味:

» 和屋@千葉寺のラーメン新味のすすめ [Dr.keiの研究室−Incarnation of the secret agitation]
今年11杯目! 今年初の和屋。(ぱどナビはこちら) 和屋にある『新味』は実に個性的、魅力的な味だ。 この新味は、<かつお>+<豚骨>という説明になっているが、決してそんな単純なものではない。つまり、ただ単に豚骨スープとかつお出汁をブレンドすれば新味になる..... [続きを読む]

受信: 2006/01/09 02:47

« 限定創作ラーメンの競演 | トップページ | らーめん寺子屋、再び! »