« G | トップページ | rp大滝店長の成長 »

2005/03/06

じらい屋の餃子

子はラーメン以前からの大好物。
自宅で母親が餃子を作るのを手伝ったり
小学校時代の友人の家が餃子専門店で
遊びに行ってはお土産に貰ったりして喜んでました。
ラーメンの食べ歩きよりずっと以前に
宇都宮へ餃子を食べに行ったりしてました。

そんな私ですから、ラーメン店を食べ歩いた当初は
よく餃子も一緒に頼んだものでした。
そしてだいたいがっかりしてしまって
いつからかあまり餃子は頼まなくなってしまいました。

なぜ失望してしまったのか。
その大半は業者の冷凍餃子をそのまま出しているケース。
たしかに餃子を作るのは手間的にも大変なことですし、
業者に頼んだ方が品質も安定しますし安価で楽。
落ち着いて考えれば餃子なんて手間のかかるモノを、
ラーメン作りと一緒にやるのは自殺行為といってもいい。
これはけっして非難しているわけではなく、
お店としてはある種当たり前のことだと思います。

もちろんそうではないお店もあります。
千葉ならば例えば「くらま@南柏」や「希林@西千葉」。
どちらも餃子専門店で経験のあるご主人が
手間暇かけて手作りされている餃子を楽しめます。
都内なら例えば「砦@神泉」の餃子。
作り置きをほとんどしておらず、その日の客の動きを見て
皮に餡を詰めて出来るだけ早い段階で提供する。
店主中坪さんの心配りが感じられる餃子です。

jiraiya先日千葉市内にオープンした「じらい屋」の餃子は
頼んでも失望することがない餃子です。
実はこの「じらい屋」は同名の居酒屋などを手掛けていて
今は無い中華居酒屋「東風」の看板メニューが
「担々麺」と「鉄鍋餃子」でした。
閉店後寂しい思いをしておりましたが、
今年麺と餃子のみで勝負する新店で復活。
店名も「餃子房じらい屋」と気合い十分です。

大降りの餃子の値段は5個で350円、8個で480円と
ラーメンと一緒に頼みやすい設定になっています。
熱々の鉄鍋の上にぐるりと回されている餃子。
そして表面にはパリッとした皮(羽根)が広がっています。
野菜の食感が活かされている餡もたっぷりで、
ジューシーで熱々の肉汁(野菜汁)があふれます。
その感動は東風時代を思い起こさせるものです。

そうなると気になるのはラーメンの出来映え。
こちらも無難にここ最近流行のラーメンに仕上げてあり
特段取り立てて話題にするようなラーメンではありませんが
外さないすっきりした塩ラーメンを堪能出来ます。
雰囲気も悪くなく、なかなか良質な新店が出来たと言えるでしょう。
餃子好きの方や、千葉市内の方には迷わずお薦めしておきます。

【じらい屋@千葉レポ】
【関連記事】じらい屋の担々麺

|

« G | トップページ | rp大滝店長の成長 »

コメント

 初めまして!(^^)v bacchusと申します。m(_ _)m 検索で 料理・ワイン・お酒で検索しましたら御blogにヒット致しました。千葉にお詳しいのですね。 私も千葉ッ子でございます。たわいもないblog日記を私も書いてますが、よろしければで覗きにいらっしゃって下さい。
 今日は偶然にも千葉では30年以上の歴史・伝統変わらぬ味の房州ラーメン”竹岡そば”に寄って来ました。
 近い将来、ラー博・ラー劇に千葉房総のご当地としてふさわしいと思いますがどうでしょうか?

 本日は寒の戻り!!お身体お気をつけ下さいませ。

 では、お邪魔しました。
 
 じらい屋。近々に偵察して参ります(^^)v

投稿: bacchus | 2005/04/04 20:55

はじめまして!このブログ管理人のRickyと申します。
ハンドルからもお酒好きということが分かりますね♪

竹岡のラーメンをご存じとはさすがですね☆
私も竹岡のラーメンは大好きです。
梅乃家は時々どうしても食べたくなる味ですね。
実は竹岡以外でもあの味を出しているお店が最近多いんですよ!

貴weblogの方も拝見させていただきます!
同じ千葉同士、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

投稿: Ricky | 2005/04/05 00:22

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じらい屋の餃子:

» 餃子房じらい屋 [Dr.keiの研究室−Incarnation of the secret agitation]
最近なにかと話題の「じらい屋」 詳しくは、千葉ラーメン通信編 千葉都市モノレール県庁前近く。千葉駅からも徒歩8分くらい! ベースは,カツオ節,昆布等を使った魚介系スープ。味は濃いめ。醤油と塩がメイン。麺は,塩が細麺で,醤油とつけ麺が平打ち麺。どちらも普通..... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 22:34

« G | トップページ | rp大滝店長の成長 »