« 猪太のホワイブト | トップページ | 新・みそ拉登場! »

2005/03/27

冠山のみそつけ

kanzanmiso山で今月から味噌メニューが
はじまっています。
「みそらーめん」「みそつけめん」の2種。
近隣の「角ふじ」との差別化という意味でも
角ふじライト版といったイメージの冠山ですから
あんかけが乗る「冠山麺」のような
他にはないメニューの登場は当然なのかなと思います。
しかし千葉県内で「角ふじ」「こうじ」などを知る私たちとしたら
田代グループの味噌メニューは意外にも感じます。

話はちょっと逸れるかも知れませんが
私たちラーメン好きの想像以上に、一般の方は「味噌」が好きです。
よくラーメン屋さんから伺う話なのですが、
初めてのお客さんから「味噌はないの?」「餃子はないの?」と
面白いくらいに聞かれるとのこと。
専門店にこだわらない、ラーメンそのものにこだわらない
一般の方からすれば、ラーメン店といえば味噌も醤油も塩もある、
「餃子にビール」「ラーメンに半チャーハン」の世界なのでしょう。

この冠山も属する田代グループのお店の大半は
このような一般客向けのお店になっています。
グループの一部のお店では味噌がないと商売にならないとのこと。
なので味噌メニューはこの店にとっては珍しくはありません。
グループ最初のお店「佐貫大勝軒」の味噌味もなかなか美味しいですし。
ですから冠山の味噌メニューにも期待出来るというもの。

「みそらーめん」は随分大きな丼で出てきます。
スープが冷めてしまわないか?と思うほどの平丼ですが
意外に熱は保ったままで食べられました。
背脂が振られたチャッチャ系の味噌なのですが
味噌ダレに唐辛子が結構入っていて、
さらにラーメンを作る際にも唐辛子を投入しますので
辛いのが苦手な人には食べにくいかも知れません。
しかし普通に辛いものが平気な人には
程良いアクセントと感じられる程度の辛さです。

面白かったのは「みそつけ」の方でしょうか。
基本的な味噌ダレ、唐辛子を効かせたのはラーメンと同じです。
しかし忘れてはいけないのが、この店は田代グループだということ。
つけダレが甘い!そして酸っぱい!(笑)
見た目は味噌のつけダレなのですが、食べ進めていくと
普段のつけ麺のつけダレと同じ様な味がして来ます。
でも香りは味噌の香り、なんとも不思議な感じです。
野菜つけめんだと、炒められた野菜がたくさん乗って食べ応えも満点です。

県内で味噌ラーメンが売りの店は意外に少ないです。
ここの味噌メニューは他にはあまりない味、存在感があります。
味噌好きの方は一度試してもいいかも知れないですね。

【冠山@柏レポ】
【関連記事】冠山の餡かけ

|

« 猪太のホワイブト | トップページ | 新・みそ拉登場! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冠山のみそつけ:

« 猪太のホワイブト | トップページ | 新・みそ拉登場! »