« どうたぬきの担担麺 | トップページ | 冠山のみそつけ »

2005/03/26

猪太のホワイブト

の猪太は超濃厚スープと
繊細な自家製麺が素晴らしいラーメン店です。
店内は恐ろしいほどの豚骨臭がしますので
正直普通の人にはまずお薦め出来ないお店ですが(^^;
私は個人的に大好きなお店の一つです。
千葉市在住の私にとっては柏にあるのが恨めしい。

ここの店主、鈴木さんはバリバリの理系店主。
神奈川の某大学の工学部をご卒業されています。
その後TDKで開発に従事し、ラーメンの世界へ。
なかなか異色な存在といえるかも知れません。
だから、というわけではないのでしょうが
彼の作るラーメンには緻密な計算が働いているように感じます。
美味しければなんぼ、の世界とは言いながらも
ラーメン作りで大切なのはデータ、計算であるとも思います。
そういう意味では、彼の作る味にはあまりブレがない。
いわゆる「職人のカン」といったものだけに頼ってないように感じます。

1月のCW特集に関連して、鈴木さんはラーメンを作ってくれました。
濃厚豚骨の上に盟友大久保さん(ぽーかろぅ)ばりのトマトを乗せた
その名も「イブトマト」というラーメンは
鈴木さんの引き出しの多さを感じさせる出来映えでした。
そのラーメンを食べた時から春もお願いしようと決めていました。

ibutoharuそして春の限定ラーメン春味。
「雪解」をテーマに据えたラーメンは
「ホワイブト」と命名されました。
白濁濃厚豚骨スープに程良い辛さを加えて
担担麺風に仕上げるアプローチは
先日の「どうたぬき」と同じですが
辛さはかなり抑えられていて、辛くしたい人は
自分で「タバスコ」を振りかけることになります。
このタバスコの辛さと酸味がスープによく合っていて
このラーメンに関しては一味唐辛子の辛さを足すよりも
一体感が出て合っているように感じました。

辛さがマスキングするからかも知れませんが
いわゆる豚骨臭さも軽減されていて
タバスコのせいでしょうか後口も爽やかに感じます。
意外に猪太入門編としてお薦めなのかも知れません。
とは言え、店内はやはり相当な臭いなので
やはり普通の人にお薦めは出来ないのですけれど(^^;

【猪太@柏レポ】
【関連記事】猪太の特濃

|

« どうたぬきの担担麺 | トップページ | 冠山のみそつけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪太のホワイブト:

« どうたぬきの担担麺 | トップページ | 冠山のみそつけ »