« いなばの限定 | トップページ | ビジョンの検証 »

2005/02/20

ニンニクラーメン

がラーメンのメニュー開発をする時は
コンセプトを明確にして、とことんそれを追求します。
一切の妥協をせずに、丼の中に入る全てのものに対して
存在理由を明らかにするようにしています。
オペレーションとコンセプトだったら後者優先。
これはあくまでもプロデュースの立場だから出来ること。
実際に作るラーメン職人さんの立場に立たないように気をつけています。
職人さんの立場で考えてプロデュースしてしまうと
「これは大変だよな」「ここは楽にしてやろう」
みたいな仏心がついつい顔を出してしまい
そうなると、コンセプトに迷いと隙が生まれて
結果つまらないものになってしまうからです。
だから心を鬼にして(笑)オペレーション無視、コンセプト重視。
もちろんそのお店の状況や、メニューのポジションなど
実態に合うようにケース・バイ・ケースで考えていきますが
少なくとも拉通のこれまでのラーメンは全てそうやって作って来ました。

もちろん最初のうちは川崎、工藤とも反発しました。
やれオペレーションがどうだ、仕込がどうだ。
寝る暇がない、手が回らない…。
そんなものは客は知ったこっちゃないわけで
作り手の事情を振りかざしていては旨いモノは作れない。
この考えは一切曲げずに彼らと作品を作ってきました。
共同作業を重ねて半年くらいで彼らも私の考えを理解してくれて
今では時に私以上にストイックにコンセプトを追求してくれます。

そのストイックなラーメン馬鹿、拉通の2人が作った
最新の限定ラーメンがいよいよ3月お披露目になります。
ninraコンセプトは「究極のニンニクラーメン」。
ニンニクがラーメンと合う、ラーメンに使われることは
誰もが知っていることですが、
今までのニンニクはすべて脇役だったと思います。
しかし今回はあくまでもニンニクが主役。

ここまでニンニクを主張したラーメンは
これまでになかったと思います。
それをとことん追求してみよう、というのが
今回のラーメン作りのコンセプトでした。
ほとんどの人に嫌われてもいいじゃないか。
10人中1人が愛してくれるラーメンを作ろう。
それが出来るのが限定メニューの強みです。
(レギュラーでそんなラーメンだったら潰れます(^^;)

これまで試作段階でのダメだしの大半は
彼らの詰めの甘さ、妥協、理解力の弱さだったりしました。
しかし今回の試作でのダメだしは
「これ、いくらなんでもやりすぎだよ(^^;」
私が考えているコンセプト、完成度を超える
恐ろしいラーメンを最初に作って来ました。
さすがにそれは却下してしまいましたが。
何しろ、10人中0人の支持率になるであろう味。
作っている本人ですら「つらい」といいながら試食してるんですから(殴打)

詳しい内容は食べていただいてのお楽しみ。
3月5日デビューを予定しています。
衝撃的な一杯であることは間違いありません。
ハートチップルは軽く越えてます(爆)

|

« いなばの限定 | トップページ | ビジョンの検証 »

コメント

にんにく大好きです。
ハートチップル大好きです。
にんにくや五右衛門大好きです。

そんなわけで3月5日、究極のにんにくラーメンを心から楽しみにしています。今までの限定メニューの中では期待値最大!

投稿: すけざん | 2005/02/26 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニンニクラーメン:

« いなばの限定 | トップページ | ビジョンの検証 »