« こうじのこってり味 | トップページ | らーめんファイトKASHIWA »

2005/02/15

一恭の可能性

ikkyom園前にあった幸福軒が閉店し
居抜きで新しいラーメン店が今日オープンしました。
「こだわり拉麺 一恭(いっきょう)」というお店で
魚介系拉麺専門店とあります。
なんでも店主は「海空土」(都賀)の出身とか。
そうなると「大勝」(柏)の孫弟子にあたりますね。

もちろんラーメンはいわゆる永福系の流れを汲んでいますが、
いわゆる「ガツン」度は低めに抑えられており
一般客を意識したであろうチューニングになっておりました。
海空土と同様に無化調、無添加をウリにしているようですが
だからこそスープに雑味を感じさせてはいけない難しさがあります。
残念ながらこの日のスープは雑味を感じるものでした。
やはりうま味とえぐみは違うのです。
麺の茹で加減も微妙で、妙な食感が残りました。
またスープの温度が熱々で結構なことだと思いましたが
だからこそ、修業先のようなトレイはあってもよかったのではと思いました。

しかしながら新店とは思えない客捌きといい
ラーメンそもそものレベルも決して低くないでしょう。
今後の進化、向上が非常に期待できる新店であると思います。

ちなみに「学園前」とは京成千原線(以前の千葉急行線)の駅で
千葉明徳学園という学校の最寄り駅なので学園前といいます。
以前「中野家」(現末広家)があったのもこの学園前。
京葉道路「蘇我」インターからすぐの場所です。
この地域は公団が開発したいわゆるニュータウン地区(おゆみ野)と
以前から人が住んでいる旧市街地区とが混在している場所で
なかなか人の流れが読みづらい場所です。
ぜひ頑張って人気店になって欲しいと思います。

【一恭@学園前レポ】

|

« こうじのこってり味 | トップページ | らーめんファイトKASHIWA »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一恭の可能性:

« こうじのこってり味 | トップページ | らーめんファイトKASHIWA »