« にかいやの太麺 | トップページ | 第2話「未知の道具」 »

2005/02/02

美春の支店

春が支店を出しました。
それだけでも驚きですが、なんと海外進出。シンガポールにです。

海外のラーメン店はアメリカやフランスなどで食べましたが
たいていが食材などを地元で調達するので
どうしても日本とは味が違ってしまいます。
それはそれで地元の人の舌に合うのかも知れませんが
私たちが食べると?というものが多かった。
特に麺にそれを強く感じました。

以前博多一風堂の河原氏とお話させて貰った時に
氏が上海で展開する「78一番拉麺」のオープン前の問題点が
やはり麺だったとおっしゃってました。
当初は中国の粉で作ろうとしたのだけれど、食感などがしっくり来ず
最終的には日本で使っている粉を使うことにしたとか。

今回の美春に関しては、全ての食材を日本から運ぶそうで
麺も西山製麺なのだそうです。
値段も日本円で700円前後と、同じ金額。
シンガポールは行ったことのない国ですが
これを機に足を運んでみようかな(笑)

【らあめん美春@北松戸レポ】

|

« にかいやの太麺 | トップページ | 第2話「未知の道具」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美春の支店:

« にかいやの太麺 | トップページ | 第2話「未知の道具」 »