« カテゴリの主な意図 | トップページ | 石の上にも5年 »

2005/01/03

千葉拉麺通信的weblog考

は昨年weblog(以下blog)というツールに初めて出会った時に
その大いなる可能性に小躍りしました。
通常のサイト構築よりも遙かに簡易で
高性能なコンテンツ構築能力もさることながら、
データベース的にも活用出来る、高いコンテンツ配信能力。
情報発信ツールとしてのアドバンテージは半端ではないと。
しかしこれは取り組むのが結構大変だぞ、と考えてしまいた。
どうやってこのツールを活かそうかと。

それから1年、世はblogブームと言っても過言ではないでしょう。
フリースペースも含めて、たくさんの人がblogを公開しています。
そしてその大半は日記として使われています。
日本においては、blog=日記と捉えているユーザが多いと言ってもいいでしょう。
その流れでこれまでの日記をblogに置き換えてはどうか、
とのご意見も多くのユーザの方から寄せられました。
しかし僕はこれまでの日記はこれまでの手法で十分だと考えているんです。

確かに日記はその人が日々思ったことを書き綴るのですから
広義的にはblogに類似しているとは思います。
しかしその未知のパフォーマンスを考えると
blogには日記として使うには余る程の可能性があると思うんですね。
極論を言えば、上手に使えば現状の千葉拉麺通信すら不要になる。
そう考えると最低でもblogはそれを綴る人の持っている情報や知恵が発信され
読んだ人にとってもメリットがあるコンテンツであるべきだと思います。

本来、日記というものは個人に重きを置いた
非常にクローズで、かつ内向性の高いものであるはずで
それを「公開」するということは基本的には間違い、恥ずべき事と思っています。
今日こんなことがあった、今日こんなことを思った。
それにある程度のフィルターがかかっていればまだいいのですが
赤裸々に心の内を語っている日記を公開することがあるならば
それは自慰行為を公開していることに等しいのではないかと。

とは言うものの私自身がすでに
千葉拉麺通信上で自分の「日常」を公開しているわけですが、
これはサイトを訪れる「読者」を意図して編まれたものであって
それすなわち私の「日常」でもなければ、
全てが「ありのままの真実」とは限らないわけです。
時には日記を前提とした行動を取る場合すらあります。
「私」というキャラクターを動かしているとでも言えばいいのでしょうか。
公開する以上、それは一種のエンターテインメントでなければ
一般に公開する意味がないと考えているので、そういうことになるのです。

ホームページだろうとblogだろうと
Web上で公開するモノについては全てだと思いますが
「自分」のためではなく、「相手」のために発信された情報であるべき。
つまり大げさにいえば読者が読んだ時に
何かしらの有益性がなければならないということです。
そのような試みをここで行えればと思っています。

と、書いてしまえば単なる日記には出来ないわけで(爆)
自戒の意味もこめて最初にに記しておきます(^^;

|

« カテゴリの主な意図 | トップページ | 石の上にも5年 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉拉麺通信的weblog考:

« カテゴリの主な意図 | トップページ | 石の上にも5年 »