« 石の上にも5年 | トップページ | 生粋の秋刀魚味 »

2005/01/09

千葉のラーメン施設

gekijo横浜ラーメン博物館から10年。
気がつけば全国にラーメン複合施設が多数出来ています。
千葉にも一昨年秋の「千葉ワンズモールラーメン劇場」
昨年冬の「船橋ラーメン横丁」と
2つのラーメン施設があり、今後も建設が予定されているとか。

競合する業種が集合しても商売として成立する。
それを明確に証明したのが新横浜ラーメン博物館だったと思います。
これまでの固定観念でいえば、複数テナントが入るのなら
味や業態の違うものを混ぜていくのが当たり前。
ラーメン店ばかり何軒も並べて流行るとは誰も思わなかったでしょう。
何事も最初に手を出すのが一番勇気がいること。
ラーメン博物館の凄かったところはそこだと思います。

千葉のラーメン施設2つに目をやると
まず最初にオープンした「ラーメン劇場」は
大阪泉ヶ丘に続く2カ所目となる「劇場」で
池袋の「名作座」やお台場の「国技館」、埼玉の「アカデミー」同様に
ビジュアル・ジャパンが手がけた施設です。
オープン当初の6軒中5軒が入れ替わり
現在「玄」「ティーヌン」など6軒が入っています。

船橋の駅ビル内に出来た「船橋ラーメン横丁」は
「青葉」「ちばき屋」「六角家」といった
有名処が3軒並んでいます。
数年前には都内の人気店が千葉に出来るという光景は
想像も出来なかったことでした。

食べ手とすれば数多くの美味しいラーメン店が
本店に行かずとも食べられるようになるわけで、
それはそれでいいことだとは思いますが
これだけ多くのラーメン施設が全国に出来て
数年後にどのくらいの施設が残っているのか、とも思ってしまいます。

ラーメン博物館を立ち上げた方たちは、パイオニア意識もあったでしょうが
ラーメンを愛していた方たちだと思います。
ラーメンに対しての思い、明確なコンセプト、意志がなければ
どんな施設も長続きはしないのではないでしょうか。
刹那的な売り抜き意識だけではきっと続かない。
それこそ「ラーメンバブル」になってしまいます。

千葉のラーメン施設には、頑張って欲しいと思うのです。
ラーメン魂の宿った施設であって欲しいと思います。

【ラーメン劇場レポ】
【ラーメン横丁レポ】

|

« 石の上にも5年 | トップページ | 生粋の秋刀魚味 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉のラーメン施設:

» 千葉ラーメン劇場〓『竹麓輔商店』でラーメン食べた^^ [千葉・伊豆・グアム絶景&グルメ・ラーメン画像など]
===== さぁ千葉ラーメン劇場最終章〜です ===== ===== いよいよ・竹麓輔商店で食べます ===== [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/89/ea/shooting_star_2031/folder/793763/img_793763_10181726_0?1125315003)]] === 注文したのは当店の看板メニュー・・濃厚とろみそらーめん・・・・850円 === === トッピングは別料金・¥100で・海苔・味玉・ネギ・..... [続きを読む]

受信: 2005/10/25 18:43

« 石の上にも5年 | トップページ | 生粋の秋刀魚味 »