« 13湯麺の男味 | トップページ | 冠山の餡かけ »

2005/01/25

猪太の特濃

ibutom太のスープが濃いというのは
もはや周知のところかと思いますが
それの更に濃い「中濃」(100円増し)や
「特濃」(200円増し)がお目見えしています。
っていうか、ソースみたいだな、なんか(^^;

柏は私にとっては遠い場所なので
行ったついでについつい連食してしまう街です。
そして遅くまでやっている猪太は
連食スケジュールの後半に置くパターンが多い。
そうするとこのスープのヘビーさが余計体にこたえるのです。
「うちのラーメンは2軒目に食べられる柔なラーメンじゃないよ」
と毎回のように店主の鈴木さんに笑われてます。

豚骨臭が店の外まで漂っていて
もちろん店内もラーメン自体も凄い臭いです。
スープの濃度自体も高いのですが、油分もしっかり入っていて
このスープがこってりの基準ならば、世のこってりは全てあっさり。
九州のラーメンをヒントにしたとは言いますが
唯一無二のオリジナルの味だと思います。
代替の効かない味とでもいえばいいのでしょうか。
これを食べたいと思ったらこの店に来るしかない。

猪太を語る時
人はそのスープの濃さを語りますが
実はその麺もなかなかのハイレベルです。
独学でたどり着いた麺は鹹水不使用で粉の香りが立って来ます。
(豚骨の臭いでその香りも吹き飛んでしまいますが)
他のスープとの相性も試してみたくなる麺ですね。

ダメな人にはまったくダメなラーメンだと思います。
しかしそのクセがはまる人にはとことんはまる。
千葉のラーメン好きならば、一度は勇気を振り絞って(笑)
この店のラーメンを試してみて欲しい。
千葉が全国に誇ることが出来る数少ない希有なラーメン店だと思います。

【猪太@柏レポ】

|

« 13湯麺の男味 | トップページ | 冠山の餡かけ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪太の特濃:

« 13湯麺の男味 | トップページ | 冠山の餡かけ »