« 豚骨カレー | トップページ | 猪太の特濃 »

2005/01/22

13湯麺の男味

湯麺(ぱくとんみん)というメニューが
昨年冬より五香の13湯麺でお目見えしています。
これは元々千葉ウォーカー恒例の限定ラーメン競演
「冬の陣」のために作られた期間限定メニュー。
昨年末で販売期間は終了したのですが、
好評につきレギュラーメニューになったようです。
お客さんの評判もよかったのでしょうが
店主本人がきっと好きなラーメンなのでしょう(笑)。

pakutonmin白モツと白菜をニンニクで炒め
一味唐辛子で味付けしたものが
醤油スープの上にどっさりと乗ります。
タンメンのような、ワイルドなラーメン。
どことなく天理のスタミナラーメンを思わせるラーメン。
それはいつもの湯麺にはないもう一つの顔です。

ラーメンをよく男、女で例えることがあるのですが
間違いなくこのラーメンは男味。
悪い意味ではなく下品な、粗野な感じを持ちながら
その下に隠れている丸鶏スープと自家製麺が優しくのぞく。
無骨な男がふと見せる優しさ、みたいな
なかなか渋いラーメンだったりします。

私は正直なところ、ホルモン系は好きではないんですね。
それこそ「放るモン」なわけですから、モツ鍋とかもまず食べない。
しかし、そんな私ですら美味しいと感じてしまうのですから
これはきっと美味しいんですよ、きっと(爆)。

【13湯麺@五香レポ】

|

« 豚骨カレー | トップページ | 猪太の特濃 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13湯麺の男味:

« 豚骨カレー | トップページ | 猪太の特濃 »